歌川 国芳「其まヽ地口猫飼好五十三疋」展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)

アート | プレゼント

次に観られるのは何年後!?5人の浮世絵師の作品を一堂に。『大浮世絵展』を開催!

※この情報は2020年1月22日(水)時点のものです。情報が変更になる場合があります。ご了承ください。

2020年01月22日 08:00 by 筒井あや

2014年に開催し、全国3会場で約38万人を集め、浮世絵ブームを作り出した「大浮世絵展」に続く展覧会。 今回は浮世絵/Ukiyo-eの歴史の中でも、キラ星のごとく輝いた人気絵師である喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人にフォーカスし、国内のほか欧米の美術館、博物館、個人コレクション等から傑作だけを集めています。

歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画、国芳は勇壮な武者絵と機知に富んだ戯画─と、絵師のエッセンスを凝縮した内容は、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」豪華な展覧会になっています。

実は浮世絵のような紙に描かれた水彩画は、展覧会に出品すると風化が早まることもあり、一度展示された作品はお休み期間を設けなければならないそうです。・・・ということは、この展覧会で観られる浮世絵も次は何年後に観られるかわからないのですよ。そう考えると、これだけの浮世絵師が一堂に会した展覧会は必見中の必見ですね。

天神サイトでは「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」の特別招待券をペア5組にプレゼントいたします!たくさんのご応募お待ちしております。
応募はこちら>>
※応募締切:2020年2月4日(火)

表情や仕草の一瞬を捉えた、美人画の巨匠
【喜多川歌麿】


「婦女人相十品 ポペンを吹く娘」寛政4~5年(1792~93)頃 大判錦絵 ●メトロポリタン美術館蔵
©The Metropolitan Museum of Art
●展示期間:2020年2月11日~3月1日

いわずと知れた美人画の名手。とくに人物の上半身のみを描く「大首絵」を得意としました。恋に悩み、心ときめかす表情や、ふとしたしぐさに隠された心の動きなど、全身描写では分からないことを、大首絵で表現しました。

彗星のごとく現れ、消えた謎の絵師
【東洲斎写楽】


「3代目大谷鬼次の江戸兵衛」寛政6年(1794)5月 大判錦絵●シカゴ美術館蔵
© The Arts Institution of Chicago
●展示期間:2020年1月28日~3月22日

彗星のごとく現れ、消えた謎の絵師東洲斎写楽(生没年不詳)寛政6年(1794)、黒雲母摺(くろきらず)りの役者大首絵28枚によりデビューを果たすも、ほどなくして筆を置いた、謎多き絵師。役者の顔を誇張した描写は前例のないもので、浮世絵界に衝撃を与えました。

森羅万象の描写に生涯をささげた鬼才
【葛飾北斎】


「冨嶽三十六景 凱風快晴」天保2~4年(1831-33)頃 大判錦絵●東京都江戸東京博物館蔵
●展示期間:2020年2月26日~3月22日

90年の生涯のうち、70年にわたって浮世絵のすべてのジャンルにおいて第一線で描き続けた巨人。「冨嶽三十六景」をはじめとする、70代前半の風景画を中心とした錦絵の連作は、洋風画学習の成果や、動感と緊張感に富む構図など、それまでの試みや経験が見事に開花しています。

北斎のライバル?抒情豊かな風景画を確立
【歌川広重】


「東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」●ミネアポリス美術館蔵
Photo:Minneapolis Institute of Art
●展示期間:2020年1月28日~2月24日

若い頃は多彩なジャンルの作をこなしましたが、北斎の「冨嶽三十六景」に刺激を受けてか風景画を描きはじめ、「東海道五拾三次之内」以降、各地の名所や宿場に取材し、それを抒情的で風情のある図に仕立てる名人として名を馳せました。

劇的な武者絵から、アイデア満載の戯画まで
【歌川国芳】


「相馬の古内裏」江戸時代/弘化2-3年(1845-46)大判錦絵3枚続
●展示期間:2020年2月26日~3月22日

豊かな発想で次々とアイデアを出し続け、幕末の浮世絵界を活性化させた絵師。特に勇壮な武者絵や、三枚続の画面にワイドに展開する歴史画や動物を擬人化させて描く戯画は、時代を超えて現代人にも高く評価されています。

 

「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」は、1月28日(火)〜3月22日(日)まで福岡市美術館にて開催!

 

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演EVENT

会場 福岡市美術館
期間 2020年1月28日(火)~2020年3月22日(日)
時間 9:30~17:30(入場は17:00まで)
料金 一般(18歳以上)1,500円、高校生(18歳未満)800円、小中生500円
主催者URL https://www.fukuoka-art-museum.jp/
イベント公式URL https://dai-ukiyoe.jp/index.html
※月曜日休館(ただし2月24日は開館し、翌2月25日を休館)
お問い合わせ 福岡市美術館(TEL:092-714-6051/代表)

プレイス情報PLACE

福岡市美術館

住所 福岡市中央区大濠公園1-6
TEL 092-714-6051
営業時間 9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)※7月〜10月の金・土曜は〜20:00
定休日 月曜、年末年始(月曜が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
URL https://www.fukuoka-art-museum.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP