グルメ | 新店舗オープン

ゆったりとした空間で食事が楽しめる、「オトナのためのファミレス」

2020年01月17日 12:00 by 江月義憲

「コドモのココロを思い出す、オトナのためのファミレス」。そんなコンセプトで清川にオープンしたダイニングが『KATO Kiyokawa Terrace』です。
場所は柳橋連合市場から清川ロータリーに向かう道路沿いにあり、3面がガラス張りの明るい店内は、窓の外に緑が映える開放感のあるスペース。ゆったりとした空間で、食事を楽しむことができます。


店名の通り、テラス席も用意されています。


オーナーの加藤智之氏は、パリやN.Y.での修業を経て「KIHACHI福岡店」の料理長を務め、福岡のフレンチ界をリードしてきた名シェフの一人。確かな技術と豊富な経験をもとに、「オトナのファミレス」をテーマにした気取りのないカジュアルなフレンチを提供する店としてオープンしました。黒板メニューには、季節の食材を使った創作料理が書かれています。


料理はアラカルトが中心で、こちらはたっぷりの新鮮野菜に前菜を組み合わせた「パリジャンサラダ」(1,518円)。「ゆで卵とアンチョビ」(396円)、「鶏レバーペースト」(880円)、「切りたてスペイン産生ハム」(880円)など、前菜は単品で注文することもできます。


プレミアムハンバーグ、和牛イチボのステーキ、オマール海老のスパイス焼きなど、加藤シェフおすすめのスペシャリテを一皿に盛り合わせたのが「プラトー・グルマン」。料理の組み合わせによって、「シェフズチョイス」(3,520円)、「ミートラバー」(5,720円)、「ウェルバランス」(6,160円)、写真の「デラックス」(8,580円)の4種類が用意されています。
おすすめのオーダー方法としては「プラトーグルマン」を2、3人でシェアして、前菜盛り合わせ・サラダ・パン・デザート・コーヒーor紅茶が付いた「サイドメニューセット」(1人前2,200円)を追加すれば、コース仕立てで食べることができます。


メインディッシュはもちろん単品でもオーダー可能で、「プレミアムハンバーグ」(1,298円)、「和牛イチボのステーキ」(3,608円)、「オマール海老のスパイス焼き」(4,048円)。「フォアグラのスパイシーハニーソース」(1,298円)、千葉産ソフトシェル伊勢海老を使った贅沢な「The海老フライ」(8,580円)もオススメです。

そして、さらなるお楽しみが加藤シェフ特製のデザート。焼きたての「フォンダンショコラ」(1,188円)は、中からトローリと溶け出してくるアツアツのチョコレートがたまりません!



旬の食材を使った季節限定のデザートもありますので、気軽に尋ねてみてください。写真は「苺のミルフィーユナポレオンパイ」(1カット1,188円/写真は4カット分)。


前菜からメインディッシュ、そしてデザートまで、ワクワク感にあふれた料理が楽しめる『KATO Kiyokawa Terrace』。まさに「オトナのためのファミレス」です。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

KATO Kiyokawa Terrace (カトウキヨカワテラス)

住所 福岡市中央区清川2丁目9-2 タイセイビル1F
TEL 092-791-6855
営業時間 11:30〜14:00/17:30〜22:00
定休日 火曜、第1・3水曜
URL http://kato-kt.jp

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP