グルメ | 新店舗オープン

プレミアムなリバーワイルドの豚肉が食べられる焼鳥屋

2019年12月28日 12:00 by 江月義憲

うきは市吉井町の養豚場「リバーワイルド」をご存知でしょうか? 地元で採れた柿や桃などの果実を餌にした独自の飼育方法で生産した豚肉は味の良さで評価が高く、福岡や東京の料理人から熱烈な支持を集めています。しかし生産量に限りがあるために一般には広く流通しておらず、一部のお店でしか食べることができません。その稀少な豚肉を使った串焼きが食べられる焼鳥屋が、舞鶴にオープンした『熾火(おきび)のイオ』です。


店内は焼き台前のカウンターをメインに、奧には格子で仕切られた6席の半個室が用意されており、グループ客にも対応しています。


ネタケースには見るからに新鮮そうで、かなり大ぶりのネタがズラリ。店主の井生剛さんは北九州の出身で、東京の飲食店勤務を経てジャマイカの日本料理店で働き、さらに福岡に戻ってから博多焼鳥の名店「八兵衛」で修業したという経歴の持ち主。厳選した食材を使って丁寧に仕込みをし、土佐備長炭で一本一本焼き上げます。


これがリバーワイルドの「柿豚」(期間限定)を使った「豚バラ」(253円)。脂にしつこさがなくもっちりとした肉質で、噛むほどに旨味がしみ出てくる感じです。お好みで赤、黒2種類の七味をつけてどうぞ。


一般的には鶏肉を使うことが多い「つくね」(253円)もほぼ9割がリバーワイルドの豚肉を使っており、食べ応え十分。塩焼き、タレ焼きが選べます。豚の串物は他に「博多万能ネギ巻き」(330円)、「エリンギ巻き」(330円)などの野菜巻きもあります。


なかでも他の店ではめったに食べられないのが、特製のタレに漬け込んで炭火でじっくりと焼き上げた「スペアリブ」(880円)。まさに骨までしゃぶり尽くしたい逸品です。


鶏肉の串焼きは、毎日熊本から直送される朝びきの新鮮な若鶏を使用。写真の「骨抜き手羽」(286円)は、皮目は炭火でパリッと焼かれた食感ながら、中身からフレッシュな若鶏ならではのジューシーな肉汁があふれてきます。定番の「砂ずり」「きも」「四つ身」(各220円)など、どのネタも鶏肉本来の旨さが味わえます。


日本酒は住吉酒販のセレクトで、グラス660円〜。味わいと口当たりによって「モダンライト」「モダンリッチ」、「クラシックライト」、「クラシックリッチ」の4つにカテゴリー分けされており、塩焼きの串はフレッシュな味わいの「モダン」が、タレ焼きには熟成感のある「クラシック」がぴったりと調和します。
また、九州の酒蔵が原料や製法にこだわって造ったクラフトスピリッツや焼酎をベースにした「九州プレミアムハイボール」(715円〜)もオススメです。写真は左から芋焼酎の「天使の誘惑」、クラフトウォッカ「MIISHA VODKA」、クラフトジン「尽(つくす)」、「AKAYANE 山椒スピリッツ」。


メイン食材のリバーワイルドの豚肉は、柿豚のほか桃豚、葡萄豚など、季節によって変わる予定。『熾火のイオ』で、それぞれの味の違いを試してみてはいかがでしょうか。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

熾火のイオ(おきびのいお)

住所 福岡市中央区舞鶴3丁目2-13 ドラード舞鶴1F
TEL 092-406-6319
営業時間 18:00〜23:00
定休日 日曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP