グルメ | 新店舗オープン

焼肉を選択肢の一つにシフトした、今までにない形の焼肉レストラン

2019年12月27日 12:00 by 木下 貴子

他にないスタイルで挑戦を――オーナー、店長、料理長がそれぞれ「挑戦」を胸に掲げた焼肉レストラン『如月』が今泉に誕生しました。

オーナーの鄧(とう)科さんは、作家ものの焼物の展示・販売を行ってます。「美術品としてもとらえられ作家ものは、食器であってもあまり日常的に使用されることはありません。ですが本来、食器は料理を盛ってこそ美しさが際立ちます。それを体験してほしくて」と鄧さん。大の肉好きということもあり、兼ねてより思い描いていた作家ものの器を使った焼肉レストランを始めたといいます。


これまで飲食の経験がない鄧さんを支えるのが、料理長の岡田英彦さんと店長の坂本吾朗さんです。2人の料理のアイデア、サービス精神などを取り入れながら、店づくりをしています。「既存の焼肉屋ではない店を目指し、焼肉を主体にメニューを考えるのではなく、焼肉は選択肢の一つというように考えをシフトしました」と店長の坂本さん。

ホテルを中心にフレンチで長年経験を積んできた岡田料理長の腕を生かし、料理は季節感を重視した「如月コース」(8,800円)を主軸に置いています。「如月コース」は、先付け・サラダ・一つ目の前菜・蒸し物・二つ目の前菜・一つ目の主菜(魚)・二つ目の主菜(肉)・汁物・御飯物・甘味の全10品で構成されています。

写真はすべて「如月コース」の一例より。先付けの「落ち葉と果実」。丸3日かけて水分を飛ばして仕上げたジャガイモと生ハムのチップで落ち葉を表現し、イチジクとザクロを散りばめています。


サラダには、糸島産の新鮮野菜が使われています。


一つ目の主菜は魚料理「63°のオマール海老 フランボワーズ 柑橘 ゴールド」。


二つ目の主菜は肉のグリルで、2種類から好きな方を選べます(プリフィックス)。写真は「黒毛和牛シンタマのグリル」です。


ほか、汁物には「48時間かけてつくる和牛つみれの黄金コンソメスープ」や御飯物には「季節の炊き込み御飯」などが提案されます。

「如月コース」は基本的に月替わりですが途中で一部を変えたり、一方で人気メニューは継続したりと、フレキシブルに構成されています。「季節感を出すため旬の食材を中心にしています」と岡田料理長。「オールフレンチではなく、フレンチの技法を使って和の食材を提案したり、和風に仕上げたりもしています。あっさり系を好むご年配の方たちにも無理なくコースを楽しんでいただければ」と話します。

コース以外にも幅広く利用してもらえるようにと、アラカルトメニューも用意されています。

焼肉は黒毛和種、45日間ドライエージングを施した熊本あか牛、数量限定の十勝短角牛の3種類が提供されています。メニューには、黒毛和種「究極の黒タン 薄切り(数量限定)」(1人前2,860円)や「熟成45日のドライエージングサーロイン」(1人前3,300円)などが並びます。「僕も肉好きだから分かるのですが、いろいろな種類の肉を食べたいですよね」と鄧さん。1枚ずつでの注文もできるよう配慮もされています(1枚単位の価格は店舗にておたずねください)。また、焼肉は最高の状態で食べてもらえるよう、スタッフがテーブルの焼き台を使って焼いてくれます。

45日の熟成をほどこした熊本あか牛のサーロイン。肉自体の香りが最大限に引き出だされるのが45日という日数だといいます。ナッツのような香りが楽しめます。


ほかにも前菜、おつまみ、一品料理など豊富に揃えています。
「シャトーブリアンのカツレツ カマルグの塩 糸島ミツル醤油と西洋わさび」(4,950円)。


好きなだけトリュフをかけてもらえる「牛テールと温卵 フレッシュトリュフのリゾット」(1,980円~)。


「特に福岡は美味しい店があふれています」と坂本さん。「私たちは一人ひとりに対するサービスを含めたうえでの“美味しさ”をご提供したいと考えています。予約の際にご相談いただいたご要望はもちろん、ご来店時のご要望にどこまで対応できるかが重要です」。「如月コース」が1人でも注文できるようにしたのもその想いから。また、以前には、牡蠣が苦手というお客さんに対して「牡蠣とミニトマトのアヒージョ」を白子のアヒージョにして出したというエピソードもあります。

お客様にとってのマイナス部分を取り除くこともモットーにしています。カウンターもテーブルも個室も、空間に余裕をもたせたのもその一つです。


美しい器、フレンチの技法で届ける旬の料理、一人ひとりに向き合ったサービス。オーナー、シェフ、店長がそれぞれの得意分野で力を出し合った『如月』で、今までにないスタイルの焼肉を体験してみてください。



※年末年始(12月30日~1月5日)はお休みなので、ご注意ください

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

おにく 如月

住所 福岡市中央区今泉1丁目9-19 Bulala3F
TEL 092-707-3829
営業時間 17:00~23:00(OS22:30) ※コースは21:00までに入店
定休日 日曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP