グルメ | 新店舗オープン

独創的でクリエイティブなコース料理を提案する大人のリストランテ

2019年12月24日 12:00 by 江月義憲

以前はレストランバーとして営業していた「BARATIE」が店内を改装し、完全予約制でイタリア料理のコースを提供するリストランテとして、11月にリニューアルオープンしました。
場所はキャナルシティ対岸の那珂川沿いに建つ「カンデオホテルズ・ザ・博多テラス」の1階。国体道路からは、ホテル・イルパラッツォの通りを南側に下った場所にあります。

店内はグレーを基調にしながら木の素材を組み合わせたモダンでスタイリッシュな空間。大通りから少し離れた川沿いの立地と相まって、ちょっとアダルトな雰囲気です。この場所、この空間で、リニューアルを機に新たにシェフに就任した鮫島嘉寛氏が提案する独創的なイタリアンを食べることができます。

旬の食材を使った料理は10,000円と13,000円のディナーコースのみ。10,000円コース内容は、BARATIEのスペシャリテ、前菜6品、パスタ、魚料理、肉料理、デザート2種類の11品が基本(コーヒーor紅茶付)。13,000円コースは、これに温前菜とフロマージュ2種類がプラスされます。

写真は前菜の一例「サーモンのマリネ」。左上がコースの初めに必ず提供されBARATIEのスペシャリテ「フォアグラのクロッカンティーヌ」。贅沢にフォアグラのムースをキャラメリゼしたナッツで包み込み、アイスキャンディを思わせる半透明の包装を施した遊び心のある一品。食器のセレクトにも、シェフのセンスを感じます。

彩りも鮮やかな「バーニャカウダ」(手前)は、福岡の近郊で採れた紅芯大根、チョロギ、クワイ、バターバッツ(ひょうたん形のカボチャ)、メキシコ産のロマネスコ(カリフラワーの一種)など珍しい品種の野菜を、バーニャソースとブロッコリのピューレにつけていただきます。「ゴボウのポタージュ」と自家製パンと一緒にどうぞ。

メインの肉料理の一例。グラデーションが美しい皿に盛りつけられた「鹿児島県産黒毛和牛のロースト マデラソース」。つけ合わせにカブのローストとピューレーの2種類が添えられ、同じ食材を異なる調理法で仕上げることによって味わいの変化が楽しめます。

コース料理には、なんとビール、ワインから、ハイボール、各種カクテル、ウイスキーなどのフリードリンクが付いています。コースの金額によって内容が異なり、13,000円のコースでは「山崎12年」や「ザ・マッカラン18年」などのプレミアムウイスキーもあるので、ウイスキー好き人はお得に飲むことができます。時間制限もありませんので、食事の余韻を楽しみながら、ゆっくりグラスを傾けることができます。



客席はオープン前のカウンター4席と、テーブル4席の個室が2室のみの、ゆったりとした造り。個室は2室つなげて、最大8名のグループまで収容可能です。


基本的には予約制のコースのみですが、遅い時間帯にはアルカルトのみでワインバー使いもOKとのこと。カップルや気のおけない人と行きたい、大人のリストランテです。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

BARATIE(バラティエ)

住所 福岡市中央区春吉2丁目4-14 カンデオホテルズ・ザ・博多テラス1F
TEL 092-791-3032
営業時間 18:00〜24:00
定休日 水曜日

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP