グルメ | 新店舗オープン

シャキシャキの食感と、豊かな風味。朝採り小ねぎを存分に

2019年12月06日 12:00 by 木下 貴子

万能ねぎとも呼ばれる小ねぎ(青ねぎ)は、アクセントをつける食材としていろいろな料理に使われます。ふだんは名脇役として活用される小ねぎですが、主役としてそのポテンシャルを存分に生かしたお店『ねぎ鍋専門店 はるいち』が春吉に誕生しました。

春吉2丁目の那珂川沿いに建つシックな店舗です。


1階はカウンター席とテーブル席。広い窓から見渡せる那珂川の夜景は穏やかで美しく、時間の流れがゆっくりと感じられます。


2階には小上がりの個室、3階はテーブル席が用意されています。


店名に専門と謳っているように、看板メニューは「ねぎ鍋」です。世の中には長ねぎ(白ねぎ)を使う「ねぎ鍋」はままありますが、『はるいち』では小ねぎを使っています。これは、他にないのではないでしょうか。

メニューはその「ねぎ鍋」をメインに、前菜盛り合わせ、〆の五島うどん、デザート、八女茶で構成される「朝採りねぎ鍋 鹿児島黒豚コース」(4,400円)と「朝採りねぎ鍋 鹿児島黒豚・和牛サーロインコース」(6,050円)が主体です。さらに要前日までの予約で、一品料理も加わった「朝採りねぎ鍋 鹿児島黒豚・宮崎牛サーロイン・一品料理コース」(7,150円)も注文できます。

前菜盛り合わせの一例。手前左から右周りに「ねぎチャンジャ」「ねぎヒゲの天ぷら」「三原豆腐」「ねぎのぐるぐる」「蒸し鶏と三つ葉の梅こしょう和え」の5品が美しく盛られていました。前菜は冬はワラビ、春はタケノコを取り入れるなど、季節感を特に大切にされているそうです。


「ねぎ鍋」は朝採りねぎ、肉、きのこ類、野菜、豆腐など具材がたっぷり。ですが、まずは小ねぎだけで味わってみてください。3等分にカットされて提供される小ねぎの、葉先は5~10秒、真ん中の部分は10秒ほど出汁にくぐらせれば、もういただけます。ねぎ自体、新鮮かつ上質なものを揃えているため食感や風味がよいため、それがよく感じられるよう出汁はシンプルに昆布のみでとっています。


出汁にくぐらせれば、目にも鮮やかなグリーンへと変化します。それを「アゴ出汁醤油」や「レモンダレ」につけていただきます!実は『はるいち』の母体は八女で小ねぎを生産している「春口農園」で、鍋には農園でその日の朝に収穫された小ねぎを使っているのです。新鮮だからこそシャキシャキの食感、そして後に小ねぎの風味と甘みが口に広がっていきます。

「ねぎ農家で昔から食べているのがこの鍋で、僕らが思う一番美味しい小ねぎの食べ方です」と店のオーナーである春口農業代表の春口裕一さん。「シンプルに食べられる鍋だからこそ、小ねぎの美味しさが分かります」と話します。

小ねぎを満喫したら次の段階へ。根の部分と一緒に、他の野菜や肉などをひと煮立ちさせていただくと、また違った味わいで楽しめます。食べるスタイルは自由ですが、写真のようにねぎを肉で巻く食べ方もおすすめです。


デザートの一例「季節の果物とラフランスゼリー」と八女茶。八女茶は創業200年の老舗「古賀製茶本舗」の厳選茶葉で淹れています。


この日の前菜で出されていた、湯通しした小ねぎを酢みそでいただく「ねぎのぐるぐる」や、「ねぎヒゲ天ぷら」「ねぎチャンジャ」は単品での注文もできます(各550円)。単品メニューはほかに「小ねぎの甘酢漬け」(550円)、「柚子胡椒風味イベリコ豚入りポテトサラダ」(770円)などがあり、春先には「ねぎ坊主の天ぷら」なども登場するそうです。

とにもかくにも、小ねぎの存在感たるや!こんなに小ねぎ尽くしの店は思いつく限りありません。しかも鍋にいたっては、小ねぎはお代わり自由、つまり食べ放題です。「年間通して安定してねぎ鍋が出せ、食べたい分だけいくらでも食べていただけます。それこそが農園直営の強みです」と春口さん。

小ねぎは思う存分、たらふく食べてももたれず、むしろ栄養たっぷりでヘルシーなのがいいところ。小ねぎはこれから冬にかけて旬を迎えます。ねぎ鍋で美味しく暖かく、寒いシーズンを乗り切ってはどうでしょう。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

ねぎ鍋専門店 はるいち

住所 福岡市中央区春吉2丁目3-7
TEL 092-406-5958
営業時間 18:00~24:00(フードOS23:00、ドリンクOS23:30)
定休日 日曜
URL https://neginabe-haruichi.com/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP