グルメ | 新店舗オープン

寿司の新ジャンル「肉寿司」の元祖が、天神エリアにオープン

2019年11月28日 13:00 by 木下 貴子

東京・恵比寿に1店舗目がオープンしたのが10年前。それから関東圏を中心に、北は仙台、南は沖縄まで全国展開している“元祖”肉寿司の店が、ついに天神エリアにやってきました!

西鉄福岡天神駅から徒歩わずか3分の場所に誕生した『天神今泉 肉寿司』は、福岡では「博多駅筑紫口」に続き2店舗目、全国では51店舗目となります。

11月18日にグランドオープンしたばかりの出来たて店舗ですが、エイジングが上手に施され温もりがあり、心地よさを感じます。「寿司屋というよりは、肉寿司に特化した肉料理専門の居酒屋です。気軽に使っていただきたい」とスーパーバイザーの宮本大輔さん。カウンター、テーブルともにスペースを広くとってあります。


奥にはソファ席のテーブルも。全62席の広々とした空間です。



『肉寿司』は、馬肉を啓蒙したいという想いから生まれたといいます。「10年前は東京でも馬肉を食べられる店って数えるほどしかなかったんです。馬肉は美味しいうえにヘルシーだし、もっと広められないかと。刺身以外でも楽しめる方法はないかと考案したのが、肉の握り寿司でした」と宮本さんは話します。

当初は馬肉、牛肉メインでネタの種類が少なかったものの、徐々に肉の種類が増えていき、いまでは豚、鶏、鴨、さらにフォアグラまで寿司ネタとして楽しめるようになりました(馬肉以外は低温調理などで火を通してあります)。

なにはともあれ、食べなきゃはじまらない…ということで、さっそく試食ターイム!…とその前に、「こちら引いてください」と店長・大嶋賢之さんが出してきたのが、おみくじつきのお箸です。一人ひとりに引いてもらっているそうです。


結果は、大吉でした!はしゃいでいると、大嶋店長が「超大吉もあるんです」とぽつり。あ、二番目でしたか…(ちょっと残念)。引いたおみくじは、店内にかかったロープや手すりに結べます。



看板メニューの肉寿司は、生で楽しめる馬肉が「赤身」(187円)、「ネギトロ」(187円)、「ハラミ」(253円)など11種類、牛肉が「ローストビーフ」(242円)、「タン」(330円)など10種類、ほか「燻鶏」(198円)、「燻鴨」(198円)、「豚トロ」(198円)、「フォアグラ軍艦」(297円)など、様々に味わえます。※いずれも1貫の値段。

1貫330円未満の寿司の注文は2貫から。1貫ずついろいろと試したいのであれば、「馬三種盛り(赤身・ハラミ・極上赤身)」(649円)、「牛三種盛り(タン・ローストビーフ・和牛雲丹トロ軍艦)」(1,089円)など値段もお得になる盛り合わせがおすすめです。

なかでもバリエーション豊かに6貫が味わえる「彩り盛り合わせ」(1,639円)がイチオシ。手前左から「極上赤身」「ハラミ」「燻鶏」「塩ユッケ握り」「フォアグラ軍艦」「稲荷」です。


「極上赤身」は馬の生肉。厚めにカットされていますがとても柔らかく、また肉の旨味が楽しめます。さっと炙った馬の「ハラミ」はさらに味わい深く、「燻鶏」はスモークと柚子の香りでさっぱりと。馬の「塩ユッケ握り」はしっとりとした食感とごま油が風味良く、「フォアグラ軍艦」はクリーミーで濃厚な一品です。そしてタレ焼きした小腸がトッピングされた「稲荷」はインパクトもボリュームもあって、驚きでした。

「魚介の寿司と同じシャリでは、やはり肉とは合いません」と宮本さん。『肉寿司』ではシャリ、そして醤油も、肉に合うように独自のブレンドでこだわって作っているそうです。確かに肉の味がしっかり感じられるうえに、ほどよく米の旨みも加わって、美味しさが倍増します。また、シャリはやや固めに炊き上げられて、肉といいバランスをとっています。ちなみに、ガリも肉と相性の良いセロリで作られています。

1貫が大きめなのも「本来の江戸前寿司のように、気軽にがっつり食べてもらいたい」との思いから。「彩り盛り合わせ」のように6~7貫食べれば、お腹は満たされます。ですが、ほかにも創作寿司や肉を使った創作料理が豊富に提供されているので、胃袋と相談しながらいろいろ楽しんでみてください。

1貫での満足感120%と謳う「肉のこぼれ包み寿司」より、馬肉とイクラがたっぷり乗った「NIKURA」(605円)。


卵黄の醤油漬け「べっこう玉」(396円)は、もっちりねっとりした食感。濃厚なのでチビチビとゆっくりお酒のアテにどうぞ。3玉でこの価格というのも嬉しいですね。


薬味とポン酢でいただく「馬サーロインたたき」(1,419円)。


名物料理の1つ「さしとろ」(979円)は、国産牛のリブロースを贅沢に1枚使用。目の前で炙って仕上げてくれるパフォーマンスも見物です。



各店舗メニューは統一されていますが、ドリンクに関しては出店エリアによって変えているとのこと。天神今泉店では、幅広い客層が行き交うこのエリアを見越して、ハイボール、ワイン、カクテル、日本酒、焼酎とひととおり揃えています。

回らない寿司を満喫できるにもかかわらず、価格帯も嬉しい『肉寿司』。大嶋店長の「元気いっぱいの店でありたい」というモットーもあってスタッフの掛け声も気持ちよく、こちらも自然と笑顔になります。胃袋にも心にも栄養満点!

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

天神今泉 肉寿司

住所 福岡市中央区今泉1丁目13-29
TEL 092-406-8099
営業時間 17:00~24:00、金曜・祝前日17:00~翌4:00、土曜15:00~翌4:00、日曜15:00~23:00※フードOSは閉店時間の1時間前、ドリンクOSは閉店時間の30分前
定休日 なし
URL https://tenjinimaizumi-nikuzushi.owst.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP