ショッピング | イベント

アクロス福岡 匠ギャラリーで出会える、福岡県の伝統工芸品

2019年12月03日 08:00 by 深江久美子

●博多織
700年ほど前、宋に渡った博多商人が技術を伝えた織物。主に帯として使われてきたが、最近はネクタイやお財布などの小物もおみやげに人気。

●小石原焼
九州の民陶の中でもその名を知られる焼き物。流しかけた釉薬、刷毛の目の文様、飛びかんなでつけた模様に特徴がある。

●八女福島仏壇
張りめぐらされた金箔と精巧な細工がゴージャスな仏壇。1821年、遠渡三作という人が夢で見た華麗な楼閣をヒントに製作されたと伝えられている。

●博多人形
約400年前、瓦職人のひとりが趣味でつくった素朴な土人形がはじまり。伝統にとらわれず様々なモチーフで製作され、海外にも輸出されている。
多人形の顔はめパネルが登場するよ!写真を撮ってね

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

アクロス福岡 匠ギャラリー

住所 福岡市中央区天神1丁目1-1 アクロス福岡西館2F
TEL 092-725-9111(代)
営業時間 10:00〜18:00
定休日 年末年始(12/29〜1/3)
URL https://www.acros.or.jp/english/culture

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP