グルメ | ショッピング

朝昼晩、天神 ですごす1日。<朝・昼編>

2019年11月15日 08:00

天神の朝。夜が長いこのまちでは、遅めに朝をスタートさせる人が多い。しかし、旅行中となると話は別。天神のまちで朝早くから動き出す、スペシャルなスポットを訪れてみたい。そのひとつが「シップスガーデン水上公園」だ。

天神の最も東に位置するこの公園は、那珂川に浮かぶ洲につくられている。船をイメージしたレストラン施設「シップスガーデン」の1Fは、オーストラリアのレストランターである、ビル・グレンジャー氏が手がける「bills福岡」。ヘルスコンシャスなメニューや福岡限定のメニューを目当てに、週末になると8時のオープンに合わせて行列ができるほどの人気店だ。朝食の後は「シップスガーデン」屋上でくつろいで。

すぐお隣の天神中央公園西中洲エリアには、2019年8月にオープンしたばかりの飲食施設「HARENO GARDEN EAST&WEST」もあり、ソイカフェ&バーやベーカリーカフェでテイクアウトしての朝食もあり!

10時になると天神のまちが賑わい出すタイミング。日本の伝統的なステーショナリーを探しに「とうじ」へ行こう。この店は福岡で100年もの歴史を持つ老舗。色とりどりの和紙で出来た袋や和柄の葉書やレターセットなどは日本らしいおみやげになる。

一方「とうじ」から地下通路ですぐにアクセスできる「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」は、ヨーロッパのスタイルと日本の花や技術が融合したフラワーデザインと出会えるショップ。その美しさはもう、芸術の領域!


●AM8:00~
2019年春夏新メニューのブレックファストサラダ(1,320円)で朝からパワーチャージ。

【bills 福岡】
●住所:福岡市中央区西中洲13-1シップスガーデン1F
●電話:092-733-2555

●AM9:00~
水上公園「シップスガーデン」の屋上へ。

【シップスガーデン水上公園】
●住所:福岡市中央区西中洲13-1

●AM10:00~
「とうじ」では日本の伝統的な文具をチョイス。日本らしいのにカラフルな色づかいが新鮮!ポチ袋60円〜、葉書80円〜。

「とうじ」で見つけたガラス作家・山田妙子さんによるガラスペン(10,000円)。

【とうじ】
●住所:福岡市中央区天神 2-1-1きらめき通り地下
●電話:092-721-1666

●AM11:00~
「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン 福岡店」のオーナー、ニコライ バーグマンはデンマークのコペンハーゲン出身。

【ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン 福岡店】
●住所:福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋新館B2F
●電話:092-406-8120
 

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP