音楽 | イベント

10周年を迎える「Schroeder-Headz」ワンマンライブ開催!

※このイベントは2019年11月28日(木)をもって終了しました。

2019年11月16日 08:00

2009年より活動を開始した、キーボーディスト/プロデューサーの渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト=Schroeder-Headzが今年活動10周年をむかえ、豪華ゲストをむかえた10thアニヴァーサリー・アルバム『ゲスト・スイート』を12月4日に発売。

渡辺シュンスケは、佐野元春、小泉今日子、PUFFY、柴咲コウ、藤原ヒロシ、Cocco、降谷建志、堂島孝平、土岐麻子など、数々の著名アーティストのサポート・キーボーディストとしても活躍する一方で、ソロ・プロジェクト“Schroeder-Headz”としても活動し、過去5作のアルバムと1作のライヴ・アルバムを発表している。これまで発表した自身の作品の中から、特に人気の楽曲を豪華なゲスト・アーティスト陣とコラボレーションし、新たにリアレンジした10周年アニヴァーサリー・アルバムが本作となる。

以前ステージ上でコラボレーションし、ファンも待望の音源化となるUNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介をフィーチャーした「ハルシュラ feat. 斎藤宏介」や、土岐麻子との「杏仁ガール~Far Eastern Tale~feat. 土岐麻子」など、Schroeder-Headzのトラックに新たに歌詞を書き下ろしした楽曲や、Reiとのコラボ曲「Nothern Lights feat. Rei」、ステージでも多々コラボ・ライヴを行っている関口シンゴとの「Seeds feat. 関口シンゴ」など、オリジナル楽曲を元にコレボレーションし、新たな楽曲へと生まれ変わった楽曲が揃った。また新曲も4曲収録。アルバムからの1stシングルとして10月30日に先行配信される「Pale Dream Swimmer feat. 武田カオリ」では、モノトーンの雰囲気の中にも独特のグルーヴ感が魅力的な、新たなSchroeder-Headzの側面を魅せた楽曲が披露されている。他、洗練されたビートに流麗なピアノ・サウンドがのるSchroeder-Headzならではのインストゥルメンタルの新曲ももちろん収録され、バラエティ豊かな全12曲が収録されている。

また、11月より全国7都市を廻るリリース・ツアーも開催され、ここ福岡では11月28日(木)に中洲の「Gate'7」で行われます。プロジェクト・スタートから10周年をむかえる記念すべきこのツアーをぜひ堪能みてはいかがでしょうか?

【Schroeder-Headz オフィシャルサイト】 http://schroeder-headz.com/
【渡辺シュンスケ オフィシャルサイト】 http://sma.co.jp/artists/watanabeshunsuke
【Twitter】 https://twitter.com/schroederheadz
【Instagram】 https://www.instagram.com/schroeder_headz/

10th Anniversary One-Man LIVE TOUR 2019-2020 EVENT

『Schroeder-Headz Quartet』

期間 2019年11月28日(木)
時間 開場 18:30/開演 19:00
料金 全自由 4,600円(税込・D代別)
お問い合わせ キョードー西日本 TEL:0570-09-2424

プレイス情報PLACE

gate’s7

住所 福岡市博多区中洲3丁目7−24 gate’sビル 7F
TEL 092-283-0577

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP