グルメ | 新店舗オープン

魚介の香りがたまらない、新「次朗」系ラーメン登場!

2019年10月30日 12:00 by 江月義憲

最近、福岡では長浜ラーメンや博多ラーメンなど純粋な豚骨系ラーメン以外のジャンルが活況を呈しています。おもに魚介系スープ、つけ麺、油そばなどですが、なんとそのすべてが食べられるのが、今泉にできた新店『津多家次朗』です。

店内に入ると、いきなり魚介系ダシの香りがただよってきます。基本のスープはあご、煮干し、カツオ節、昆布、野菜などからとった魚介系スープと、豚骨スープ。この2種類を使い分け、さらに配合のバランスを変えることによって、多彩な種類のラーメンを創作しています。


注文は券売機で。さまざまなバリーションがあるので迷うかと思いますが、最初はベーシックな「津多家ラーメン」(700円)がオススメです。麺は太麺か細麺が選べるので、ここはぜひとも太麺にチャレンジしてみてください。


こちらが「津多家ラーメン」。存在感のある大ぶりなチャーシューにメンマ、ネギ、ノリ、そしてカツオ節がトッピングされています。さらによく見ると、スープの表面には豚の背脂が。スープを一口すすってみると、魚介系のやさしい味わいと磯の香りが広がります。うーん、これは何ともヤミツキになりそうな予感。


太麺は独自のブレンドで粉を配合した特注麺。スープによく絡み、もっちりとした歯応えがたまりません! 最初は気になっていた背脂もまったくしつこさを感じさせず、見た目よりもあっさりとした味わい。これなら女性や年配の方にも好まれそうです。

卓上にはゴマ、唐辛子をベースにしたオリジナルスパイス、煮干しと昆布を漬け込んだお酢が置かれていませすので、お好みでどうぞ。カツオダシをきかした「かつおラーメン」(750円)、豚骨醤油の「豚骨魚介ラーメン」(780円)のバリエーションもあります。

そして、こちらが「津多家次朗」(870円)。基本的な味とトッピングは「津多家ラーメン」と同じですが、最大のポイントは麺、野菜、背脂、タレの量が自由に調整できること。麺は100、150、200、250gの4サイズあり、その他は普通、増、増々まで選べます。そして、なんと麺やトッピングの増量はすべて無料!麺250gに野菜、背脂、タレの量をすべて増々にすると、写真のボリュームに! ガッツリ食べたい派にはオススメです。
逆に野菜少なめや背脂抜きなどもできるので、お好みに応じてオーダーメイド感覚のラーメンが食べられます。こちらも「かつお次朗」(950円)、「豚骨魚介次朗」(980円)のバリエーションがあります。

つけ麺は魚介スープの「つけ麺津多家」(950円)と、魚介に豚骨をブレンドした「つけ麺かつお」(950円)の2種類があり、麺、野菜の量が選べます。つけダレには美容と健康に良いといわれるアカモクを使用しているもポイント。カツオ節のカルシウムに加えて、フコキサンチンやフコイダンなどの健康成分までとることができます。
太麺にはエゴマ油をまぶしてあるので、最後までツルツル、シコシコの食感をキープ。さらに、麺を食べ終わったあとには一口サイズのしめご飯が無料サービス。ご飯と割りスープに残ったつけダレを入れて味を調整し、お茶漬感覚で食べることができます。

汁なしで混ぜて食べる油そばも「醤油油そば」(850円)、「塩油そば」(850円)の2種類。トッピングと麺の下に背脂とタレが隠れているので、しっかりと混ぜ合わせていただきます。好みでおろしニンニクと特製のお酢を追加すれば、さらに味の変化が楽しむことができます。

こちらは、新商品の「辛麺」(850円)。

魚介と豚骨のスープに、多彩なトッピングとその組み合わせ。そして、ラーメン、つけ麺、油そばのバリエーション。とても1度や2度では食べ尽くすことができない、新「次朗」系ラーメンの誕生です。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

津多家次朗

住所 福岡市中央区今泉2丁目5-24
TEL 092-707-1035
営業時間 11:00〜16:00/18:00〜翌2:30 (土祝前日は11:00〜翌2:30、日祝日は11:00〜23:30)
定休日 なし

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP