グルメ | イベント | まち

大丸バイヤー指南!デパ地下グルメ 売れ筋最前線!<第2弾:「スイーツ & パン」編>

2019年10月25日 08:00 by ソノユウ。

さて、先週の第1弾に続き、天神のまちづくりを応援する『We Love 天神協議会』プレゼンツ!デパ地下巡りツアー<大丸編>~目指すは“最新!最旬!のトレンドグルメ”!大丸バイヤー渾身の「今、絶対買うべき!極上のデパ地下グルメ」~の第2弾です。今回は、新商品先行試食、飲み比べ・食べ比べと、期間限定・大丸限定の秋の味覚をディープに味わい尽した参加者大絶賛の「パン・スイーツ編」をお送りします。

●「食べんとわからんもんやねー!」
ひと際目立つ“イエロー✕ブラック”を店頭のトレードマークに、旬のジャムやドレッシング等を展開している『SAISON FACTORY(セゾンファクトリー)』。“酢”の店と思っていつもは素通り、スルーしている方、損です!実は、当店はもともと山形でぶどう畑を耕す “ジャム屋”さんだったのです。日本全国・世界各地の美味の中でも最旬を迎えた最高品質の素材を使用するのが信条とか。

そこで、旬のジャムと果汁ジュースを試食。地元・福岡県民ならあまおうの美味は知り尽くしているはずですが、年間を通して一番人気の「真っ赤な甘いあまおういちごジャム(1,080円/235g)」をほおばると、参加者一同「うそーー!」というざわめきが起こり、「こんな美味しいあまおう食べたことない!」「食べんとわからんもんやねー」と、リピ買い決定!福岡県産のあまおうを果肉の状態を残したまま特殊な鍋を使い、果肉にダメージが入らないよう低糖で仕上げてあります。パンの他にヨーグルトと一緒に食するファンも。

また、写真左の瓶「フルーツバターりんご(860円・140g)」は、バターと果肉のジャムをミックス。ジャムと合わせるのに適したバターづくりから始めたこの商品、塗ってから焼くとまた絶品だとか。このほか、青森のりんごジュース(1,296円/500g)も記憶に残る美味しさでした。

●九州初!京都発「あんこで作る物語」
その佇まいからして“タダモノ”ではない空気感。この秋、九州初出店となった『京都祇園 あのん』(和菓子、カフェ)が上陸!和洋の枠を超えた「新趣」のお菓子づくりで、手土産にも喜ばれること間違いなし!

滋賀県産の糯米「羽二重糯」を使った、香ばしく歯切れのよい最中皮に、十勝産小豆をじっくり炊き上げたつぶあんと、マスカルポーネチーズを使用した自家製クリームをお好みでサンドする「あんぽーね」は、存在感もひときわです!

プレミアムセット(トートバッグ、あんぽーね5個、京はんなり(抹茶饅頭)1個、あんどーら(どら焼き)1個が3,240円というユニークなセットも。

●ついに出た!明太子屋の“めんたいフランス”!
本家本元の明太子屋がつくるのですから、これぞ“本丸”!今や、福岡グルメの筆頭に仲間入りした「めんたいフランス」ですが、これまでパン屋さんがつくったものばかりでした。もちろん、それぞれのパン屋さんが趣向を凝らした逸品ですから福岡が誇る地元グルメであることは間違いありません。ですが、今回明太子屋の『福さ屋』さんが作ったことで、何かとんでもなくヒットの予感!

美味しさの秘密は、魚醤(漬け込みだれが自慢の辛子めんたい)と、低温長時間発酵(パリッ&もっちりのフランスパン)にあります。冷凍ですが、解凍しても美味しい“技術が進化したことで実現しました。ホームパーティーのおもたせにもぴったり、新しい“博多のソウルフード”になるかも!? 1本432円。

●リニューアル!コーヒー鑑定士が選んだ珈琲
さあ、そろそろ美味しいコーヒーが欲しくなったところで、リニューアルした『UCC CAFÉ MERCATO』へ。ここは、良質で新鮮なコーヒーの販売をしているひき売り店です。クラシフィガドール(コーヒー鑑定士)により、味覚、香りなど徹底的な品質テストを通過したコーヒーだけをラインナップ!

量り売り、テイクアウトどちらも可能でドリンクコーナーもあり。スタッフが好みのコーヒーを探すのを手伝ってくれるので、きっと、秋の夜長を豊かにしてくれる一杯に出会えるはずです!

店頭では、試飲会や、ドリップコーヒーの美味しい立て方のパフォーマンスも。テイクアウトならまずは「博多のまちブレンド(280円)」から試してみて!

●パリのプライドを“天神”らしく!
オリジナル小麦粉に高品質バター、天然酵母による低温長時間発酵というフランスの伝統製法を守る『メゾンカイザー』。なんと、太古、エジプト文明におけるパン作りのメソッドを最新の機械を使ってパンをつくっていると聞けば、一つ一つのパンに、また熱い想いが湧いてきませんか?

エリック・カイザーが大丸へやってきて17年、数々のヒット作は私たちに、パンから生まれる新しい生活スタイルを提案してくれました。その“伝道師”が、大里店長、パッションの人です!

「メゾンカイザー専用の工場ラインで、エシレバターに限りなく近いバターを国内メーカーに特別につくってもらっています」「酵母が命!小麦とライ麦からおこした酵母を毎日培養、育てています」「夏場と冬場では仕込み方が違います」「ふつう空気中には3,000種類の微生物がいますが、私たちのパンはそれらを十二分に生かした“フルオーケストラのパン”です!」と、金言が飛び出す!飛び出す!

その大里さんがランキングしたこの秋人気のベスト3をご紹介しましょう!

第3位「トッサードトマト」(302円)
ハーブでマリネしたセミドライトマトをチャバタの生地と合わせたパン

第2位「2種類のオリーブのチャバタ」(356円)
カラマタオリーブとグリーンオリーブをオリーブオイルの生地に練り込んだパン

第1位「全粒粉のレーズンとくるみのパン」(297円)
さらに食べやすくなったサラタナレーズンとくるみを練り込んだ全粒粉のパン

さあ、グルメの秋はこれで決まりです!


第1弾(デリ編)と、第2弾(パン・スイーツ編)と、2回にわたってお送りしてきたデパ地下まち歩きツアーのすべて、いかがでしたか?ツアー参加者はお腹いっぱい・胸いっぱいの秋の休日を過ごし大満足の様子でした。さらに、最後にはビッグなサプライズが待っていたのです!超目玉なお土産、このツアー限定の「大丸のデパ地下“福袋”」です!見てください、このお土産の山!ツアーで訪ねたショップから参加者への手土産なのです。

このように、天神の街角や路地裏にひっそりと息づく歴史の足跡、隠れたスポットなどを訪ねて歩く『We Love 天神協議会 天神まち歩き』は、まだまだ、魅力あふれるツアーを毎月約2回実施中!デパ地下グルメツアーも年に2回ほど実施していますので、みなさん、次回はぜひ下記URLをチェック、他ではけっして体験できないツアーをぜひ体感してくださいね★
https://welovetenjin.com/archives/category/blog_machiaruki

「大丸バイヤー(博多大丸営業統括部販促担当の松﨑さん、福島さん、小林さん)」の最高の心尽くしのおもてなしスマイル!デパ地下ガイド、本当にありがとうございました!みなさんもぜひ、秋グルメ満載の大丸デパ地下へ★ご紹介したコースをたどってみてください!

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

大丸福岡天神店

住所 福岡市中央区天神1丁目4−1
TEL 092-712-8181
営業時間 10:00〜20:00

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP