グルメ | 新店舗オープン

カジュアルにイタリアンが楽しめる、スタイリッシュなダイニングバー

2019年09月09日 21:00 by 江月義憲

ファサードに掲げられた赤いサインが印象的な、カジュアルなダイニングバー
『SAKURA Dining ichi(サクラダイニング・イチ)』がオープンしました。国体道路を警固四角から大名側に斜めに入った路地の先で、ちょっとヤンチャ雰囲気な赤い人形がお辞儀をして出迎えてくれます。



店内のインテリアはアクセントカラーに赤を配色し、壁にはミラーやアートなフォトグラフ作品を配したスタイリッシュなデザイン。広めの店内にカウンター5席、テーブル席4卓のみとかなりゆったりとした配置で、心置きなく美味しい料理を楽しむ時間を過ごせそうです。



この空間で食べられるのは、シェフ手作りのイタリアン。店の雰囲気と同様にカジュアルな価格で気軽に楽しむことができます。メニューはアラカルトが中心で、まずは前菜からいただきましょう。
トマトやパプリカ、ニンジンなど新鮮な野菜をオリジナル配合のビネガーに漬けた「自家製ピクルス」(432円)は、瓶入りで提供されます。食事の合間につまんで、口をさっぱりさせるのにもいいですね。



こちらは日替わりの「前菜盛り合わせ」(1,058円)。他にも「季節野菜のカポナータ」(626円)、「本日鮮魚のカルパッチョ」(972円)など、旬の素材を使った料理が中心です。



パスタは日替わりの「本日のパスタ」(上・864円)と、トマトソースやクリームソースなどの好みを伝えるとその日の厳選食材を使ってくれる「シェフのおまかせパスタ」(下・1,296円)があります。トリュフを贅沢に使った「トリュフカルボリゾット」(1,296円)も人気です。



メインは肉、魚ともにグリル料理がオススメです。一番人気は名物の「厚切り牛タン」(1,058円)で、ニュージーランドの豊かな自然環境の中で育てられた「グラスフェッドビーフ」(牧草飼育牛)をじっくりとジューシーに焼いた一品。牛肉本来の旨みと香りが楽しめます。


そして、この店でぜひ食べたいのが「オマールの海老のグリル」(4,860円)。カナダ産天然活オマール海老を贅沢に丸ごと一匹使った、赤字覚悟のサービスメニュー。プリプリとした弾力と、甘み、旨みが味わえます。



他にも佐賀県産「ありたどりのグリル」(1,296円)、「きなこ豚のアンチョビパン粉焼き」(150g1,512円)、最高級部位の「Tボーンステーキ」(600g6,480円)など、厳選素材を使った多彩な料理が揃っています。

料理に合わせてセレクトしたワインはボトルで2,000円代後半(グラスは548円〜)から用意されており、ペアリングも提案してくれます。



女子会にも人気のコースは2,500円〜。飲み放題希望の場合は、女性1,000円/男性1,500円(90分)で追加可能です。(写真はコース料理の一例)



カップルや友人同士で、女子会や同僚との飲み会など、いろいろなシーンに応えてくれるカジュアル・ダイニング。まずは仕事帰りにでも、ふらりと立ち寄ってみませんか?

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

SAKURA Dining ichi(サクラダイニング・イチ)

住所 福岡市中央区大名1丁目4-12 ディアコートパルフェ1F
TEL 092-791-2071
営業時間 12:00〜15:00/17:00〜〜24:00(土・日祝日は14:00〜24:00)
定休日 日・月曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP