《地球は甘かった》 (c)Tatsuya Tanaka

イベント | アート | まち

福岡会場だけの特別作品も。福岡市科学館で、大人こそ夢中になる「MINIATURE LIFE展」がスタート!

2019年08月30日 18:00 by S子

2019年8月31日(土)から10月14日(月・祝)まで、六本松の福岡市科学館では、日常のものを使ったミニチュア作品を発表し続けているミニチュア写真家・見立て作家の田中達也氏の展覧会「MINIATURE LIFE展」を開催!

2011年より今日まで、1日も休むことなく作品を発表してきた田中氏。2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」では、タイトルバックの制作を担当し、日本の懐かしい風景を、身近な日曜雑貨や食品を使いながら生き生きと表現してその人気は全国区に。現在はSNSのフォロワーが200万人を超え、海外からも熱い視線を注がれています。

今回の展覧会では、アイスを地球に、コッペパンを新幹線に、ブロッコリーを大きな木に見立てた写真約100点とミニチュア作品約30点を展示。中には福岡会場ならではの作品も!

9月14日(土)には田中氏本人が来場、11:00、15:00からはギャラリートーク&サイン会を開催します(参加には展覧会の当日入場券が必要。サイン会は対象商品2,000円以上購入した方先着50名)。

夏は終わりに近づきつつありますが、ワクワクはまだまだ続きます。ぜひ、会場へ!

↑《新パン線》 (c)Tatsuya Tanaka

↑《ブロッコリー1本分のサバンナ》 (c)Tatsuya Tanaka

↑《トウモロコシ燃料ロケット》 (c)Tatsuya Tanaka

↑田中達也氏は、九州・熊本県出身!

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

特別展「MINIATURE LIFE展」ー田中達也 見立ての世界ーEVENT

会場 福岡市科学館
期間 2019年8月31日(土)~2019年10月14日(月・祝)
時間 9:30〜18:00 ※入場は閉場の30分前まで
料金 一般1,000円、中・高生700円、小学生500円、未就学児無料
主催者URL https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/
イベント公式URL https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/sp_exhibition/2019/06/8311014miniture-life.html

プレイス情報PLACE

福岡市科学館

住所 福岡市中央区六本松4丁目2-1
TEL 092-731-2525
URL https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP