本展メインビジュアル

アート

インド・タラブックスのクリエイティブな本づくり。世界を変える美しい本づくりとは!?

2019年08月30日 08:00 by 筒井あや

三菱地所アルティアムにて、8月31日(土)から『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』が開催されます。

タラブックスは、南インド・チェンナイを拠点とする小さな出版社。1994年に設立され、ギータ・ウォルフとV.ギータという二人のインド人女性が中心となって活動しています。タラブックスを代表するのが美しいハンドメイドの絵本。


The Night Life of Trees『夜の木』(初版)

インドの民俗画家による絵を、ふっくらとした風合いの紙に版画の技法で印刷し、職人が糸で製本した、工芸品のような本です。インドには各地に多様な民俗芸術の伝統があり、住居の壁や床に絵を描いたり、工芸品を作ったりしています。多くのインド人にとってもなじみの薄かったこうした民俗芸術を出版に結びつけたのは、とても画期的なことでした。


Waterlife『水の生きもの』より

ハンドメイド本以外にも、タラブックスは多彩な本を刊行しています。画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークから生み出される本は、教育や社会問題をテーマにしたもの、本の形状に特徴があるものなど、とてもユニーク。

本展は、タラブックスの本づくりの全容を伝える展覧会。日本でもよく知られている『夜の木』や『水の生きもの』などのハンドメイド本を中心に、本や原画、写真や映像などを通じて、その魅力をたっぷりと紹介してくれます。

会期中は、アートショップ「ドットジー」内で、 タラブックスの書籍や関連グッズも販売されます!ぜひこの機会に、丁寧に制作された美しい本たちにふれてみてください!

 

Tara Books タラブックス
1994年、南インドのチェンナイで設立。代表のギータ・ウォルフとV.ギータを中心に、出版や教育などにかかわる活動をおこなう。社会的な視点が、出版物にも会社運営全体にも反映されており、企業としてのありかたにも注目が集まっている。日本国内においても『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社 2017年刊)が出版されるなど、ファンを広げている。

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦EVENT

会場 三菱地所アルティアム
期間 2019年8月31日(土)~2019年10月6日(日)
時間 10:00〜20:00(※会期中休館日なし)
料金 一般400円、学生300円
主催者URL http://artium.jp/
お問い合わせ 三菱地所アルティアム(TEL:092-733-2050)

プレイス情報PLACE

三菱地所アルティアム/.g

住所 福岡市中央区天神1丁目7−11 イムズ8F
TEL 092-733-2050
URL http://artium.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP