グルメ | 新店舗オープン

ラーメン愛にあふれた「博多純系豚骨らーめん」が天神に誕生

2019年08月23日 12:00 by 江月義憲

『博多純系豚骨らーめん まんかい』が福岡空港「ラーメン滑走路」に続き、ファン待望の路面店を天神・親不孝通りにオープンしました。オーナーの奥長義啓さんは、博多ラーメンの雄「一風堂」で約20年にわたってキャリアを積んだラーメン職人。独立して大阪で店を出す際に、愛する博多ラーメンへのリスペクトを込めて「博多純系」と名付けたといいます。


自慢のスープは厳選された国産豚の数種類の部位を使い、毎日店頭にある大鍋で長時間グツグツと煮込みます。途中で余分な脂やアクを丁寧に取り除きながら豚骨の旨味を最大限に引き出したクリーミーな味わいで、コラーゲンもたっぷり含まれています。

スープに合わせて独自に配合した粉を使用した極細麺も、『まんかい』オリジナルの特注麺。麺の硬さはもちろん「ヤワ〜普通〜カタ〜バリカタ」が選べます。
チャーシューも厳選した国産豚の旨みの強いモモ肉と、とろける食感のバラ肉の2種類を使用しています。大名の老舗「ジョーキュウ醤油」を贅沢に使ってじっくり煮込むことで、独特の香りと甘みを出しています。
スープ、麺、チャーシューが三位一体となった基本の「純とん」(760円)は、奥長さんが長年にわたって技術の粋を極めた正統派の博多豚骨ラーメンです。


テーブルの上には無料の「紅しょうが」「辛子高菜」「にんにく」が用意されているので、お好みに合わせて味の変化が楽しめます。トッピングは「煮玉子」(100円)、「のりネギ増し」(100円)、「チャーシュー」(200円)など。まだまだ食べ足りないと思ったら、替玉(150円)をどうぞ。

こちらは、新鮮なトマトと特製スパイスで炒めたピリ辛ソースと豚骨スープを合わせたオリジナルメニューの「ピリ辛トマとん」(860円)。専用の平打ち麺にスープがよくからみます。
この他にも、干しエビとホタテエキスのタレに純豚骨スープを合わせた「潮とん」(780円)の3種類があります。

サイドメニューには博多ラーメンのおともに欠かせない「博多ひとくち餃子」(400円)。パリッと焼き上がった皮の食感がたまりません。
そして、ご飯の上に自慢のチャーシューをゴロゴロとのせた「チャーシューご飯 」350円や、博多名物「明太ご飯」(250円)も人気です。ランチタイム(11:00〜17:00)限定で、餃子やご飯もののお得なセットメニューもあります。


正統派豚骨ラーメンの基本を忠実に受け継ぎながら、さらに進化を遂げた「博多純系」。ラーメンへの愛が詰まった一杯を、ぜひ味わってください。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

博多純系豚骨らーめん まんかい 天神親不孝通り店

住所 福岡市中央区天神3丁目4-14-1F
TEL 092-406-6811
営業時間 11:00〜23:00
定休日 第1・3火曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP