ショッピング | イベント

魅力あふれる“メイド・イン・フクオカ”をおみやげに

※このイベントは2019年8月25日(日)をもって終了しました。
※この情報は2019年8月8日(木)時点のものです。情報が変更になる場合があります。ご了承ください。

2019年08月08日 18:00 by 山内淳

作り手の想いが伝わる“メイド・イン・フクオカ”の商品を集めた「福岡みやげ」が、今年もまた『LT LOTTO AND TRES(LT/ロットアンドトゥレス)』で開催中です。

可愛いこちらは〈筑前津屋崎人形巧房〉の「モマ笛」。フクロウをモチーフとしたこの土笛は、福津市津屋崎で1770年代より作り続けられてきたもので、縁起物として神社で授与されていた歴史があります。右側の博多あまおう柄にアレンジした「博多あまおうモマ笛」は、『LT LOTTO AND TRES』のオリジナルです。

上段は糸島市にある〈内場農園〉の「糸島発酵ハバネロ」。鮮烈な辛さとフルーティな香りが特徴で、ピリッとした辛味と旨味を二段階で味わうことができます。下段は糸島産ハチミツ「ITOHACHI」。左はさまざまな花の蜜を絶妙なバランスで配合したプレミアムピュア。右は糸島産ピュアハニーに、香り高い福岡県産レンゲ蜜をブレンドしたプレミアムブレンドです。

こちらの3種類は、糸島市〈わかまつ農園〉の商品。手前左は自家農園で育てたオリーブの葉・ビワの葉・日向夏の精油を配合した保湿クリーム「農香ばぁむ」。手前右は有機農で果樹を栽培し、自分たちの手でアロマ蒸留までしたアロマオイル「甘夏精油」。奥にある甘夏精油を配合した「農香洗剤」は、食器洗いはもちろん、毎日の洗濯や掃除、野菜洗いにまで使えます。

続いては、「水源の森100選」にも選ばれたうきは市の自然豊かな山あいで、主に棚田を利用した茶園を持つ〈新川製茶〉が、有機栽培で作る「うきはの山茶」。普通の蒸し煎茶よりも長い時間かけてもしているので渋みを抑えた濃厚な味わいが特徴です。そして、佐賀市に本社を構え、福岡にも店舗を持つ〈漢方みず堂〉の漢方と「うきはの山茶」を配合したブレンド茶もあります。

〈筒井時正玩具花火製造所〉は、福岡県南部に位置するみやま市で80年間にわたって玩具花火を生産してきました。三代目・筒井良太さんが手掛ける線香花火は、今では希少な純国産の一品。火薬の量から紙縒りの縒り方に至るまで、一つひとつの工程に職人の技が凝縮されています。

そのほか、みやま市〈江の浦海苔本舗〉の海苔や糸島市〈ミツル醤油醸造元〉の醤油、博多の伝統工芸「博多曲物(曲げわっぱ)」、みやま市〈内野樟脳〉の天然樟脳、小石原焼の窯元とフードコーディネーターの長尾智子さんがコラボした〈小石原ポタリー〉、明治末期に北九州市戸畑で生まれた福岡県伝統的工芸品の〈孫次凧〉など、バラエティ豊かな商品が多数揃っています。

左は久留米のシューズメーカー〈ムーンスター〉の「シューズライクポタリー」。国内でもごく僅かな工場でしか生産できない「ヴァルカナイズ製法」で製造しています。右の〈STANDARD SUPPLY〉のトートバッグには、〈ムーンスター〉のシューズと同じ生地を使用しています。デザインは定番の型ですが、持ち手や裏地が『LT LOTTO AND TRES』限定の仕様となっています。

「やっぱり福岡っていいな」と魅力の再発見に繋がる“メイド・イン・フクオカ”の商品は、福岡の観光客や帰省する人に向け、手土産として、また自宅にも欲しくなるものばかりです。8月10日(土)には福岡市白金の「御菓子 TUGI」による和菓子の数量限定販売もありますよ。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

福岡みやげEVENT

期間 ~2019年8月25日(日)

プレイス情報PLACE

LT LOTTO AND TRES(LT/ロット アンド トゥレス)

住所 福岡市中央区天神2丁目10-3 VIORO6F
TEL 092-736-7007
営業時間 11:00〜21:00
定休日 VIOROに準ずる
URL http://www.lotto-tres.com/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP