グルメ | 新店舗オープン

息の合った夫婦で営む、居心地の良いネオ小料理屋

2019年07月19日 12:00 by 江月義憲

腕の立つ板前さんと愛想が良くて気の利く女将さんがいて、旨い酒の肴を適宜に出してくれる。そんな昔ながらの“小料理屋”のスタイルで、今風の料理とサービスを提供しているのが『お料理 ほそかわ』です。薬院大通りにほど近い高宮通り沿いにあるビルの2階で、料理をつくるご主人の細川正憲さんとサービスを担当する繭子さんが息の合ったコンビでもてなしてくれます。


細川さんがつくる料理は気どりのない和食が中心。「きまぐれポテトサラダ」(400円)はその時々の食材を使って、定番メニューのポテトサラダに仕上げるというアイデアにあふれた一品。この日はおでんの出汁がじっくり染みた玉子をたっぷり使ってジャガイモと合わせた、どこか懐かしいホッとする味。おでん風味に合わせて、和辛子が添えられています。


黒板には近隣の漁港や魚市場から仕入れるその日の魚メニューが書かれています。この日はタイやイサキ、カンパチなどが入荷していましたが、オススメはプリプリとした「穴子の炙り」(800円)。伊崎漁港に揚がった新鮮な穴子を丁寧に骨切りし、サッと炙って塩とスダチでサッパリといただきました。


「季節の美味しいものを少しずつ、ゆっくりと楽しんでほしい」という細川さん。その思いが表れているのが「おつまみの盛り合わせ」(500円〜)です(写真は海ぶどう、生トウモロコシ、甘えびの塩辛、ゴマカンパチ)。
奄美産の海ぶどうは粒が大きく、プチプチとした歯応え。北海道産のトウモロコシは「ホワイトショコラ」という品種で、生で食べると瑞々しい甘味が口いっぱいに広がります。調味料も自家製の海老塩、柚子塩、ドレッシングなどを使い、北は北海道から南は奄美まで、全国の美味しさが一皿の上に集まっています。
そのほか「鶏の唐揚げ」(550円)や「和風ハンバーグ」(900円)や「国産牛サガリの炙り焼き」(1200円)などの肉料理もあります。


美味しいものを一通り食べて満足した後の〆には、ぜひ名物の「鯛出汁にゅうめん」(500円)を。実はこの店の料理には、毎日新鮮な鯛のカブトや中骨などのアラから取った出汁が使われています。磯の香りが漂う鯛出汁を、もっともシンプルに味わえるのがこのにゅうめん。心の底からホッとするような、上品でやさしい味わいです。


お酒のつまみに好きなものを少しずつ食べるのもよし、しっかり食べたい時には当日でも注文可能な6〜7品の「おまかせコース」(3,500円〜)もあります。また、深夜3時まで営業しているのもうれしい限り。ご夫婦の息の合ったおもてなしに、ついつい長居してしまいそうな居心地の良いお店です。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

お料理 ほそかわ

住所 福岡市中央区薬院4丁目1-9 堤ビル2F
TEL 092-531-6333
営業時間 17:00〜翌3:00
定休日 水曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP