映画トピックス

墜ちていく男を「楽しみながら演じた」香取慎吾×白石和彌監督インタビュー

2019年06月28日 08:00 by 筒井あや

愚かな者たちの切ない暴力と狂気を描いた映画が誕生した。日本映画界を担う監督・白石和彌の最新作で、主演を務めるのは、エンタテイメントから人間ドラマまで幅広い役柄をこなすだけでなく、オリジナリティ溢れるアートでも才能を発揮しつづける香取慎吾。主人公・木野本郁男の恋人を、誰が殺したのか?なぜ殺したのか?「愛」という名に隠された事件の真相とは――?容赦ない絶望を描いた、魂を破壊する衝撃作。

本作で主演を務めた香取慎吾と白石和彌監督が来福し、宮城県石巻市での撮影の様子や初タッグとなった二人の関係を語ってくれた。

——脚本を読まれた感想は?

香取慎吾:最初に脚本を読んだ時の印象と、撮影が始まって映像にしていく時の作品への印象とが、これまで僕がやらせて頂いた役の中で一番変化が大きかった。映像の迫力や撮影現場で新たに感じる部分が多い作品でした。

——白石組は初参加ですね。

香取慎吾:初めての白石組は、映画愛にあふれる現場で、それぞれのスタッフが監督を長として監督の指示のもと動いていく。みんなのこの作品に向ける愛がスパークしている感じが、白石組の中に入れた僕の気持ちもさらに熱くさせてもらえた現場でした。

実は、白石監督作品を観たことがなかったんです。ご一緒できるかもしれない、という時に「凶悪」を観まして、これはとんでもない監督だなと(笑)。今、この時代に白石和彌監督を知らなかった自分が残念でした。もっと早くからちゃんと知っていて、最新をそのタイミングごとに追いかけていたかったなと。今回その中の、最新作に自分が入れてすごくうれしいです。

——墜ちていく木野本郁男という役について

香取慎吾:あまりやったことがない役柄として、自分の今の年齢とも近い男ということもあり、ゾクゾクわくわくしながらこの役を楽しみました。

——その役にどのように向き合いましたか?

香取慎吾:今回に限らずいつもそうですが、自分の中から何かを出すというよりは、監督の指示通り、こうして欲しいということを、その場その場で、現場でやっていく感じです。今回の郁男という役を、これまでにあまり見たことがない香取慎吾だとみなさんが言ってくださるのは、僕がどう役を作ったかと言うよりは、白石監督があまり見たことがない僕を、僕の中から出してくれたんだなと思っています。

——一緒に作品作りをして俳優・香取慎吾に感じたことは?

白石和彌監督:トップアイドルとして、エンターテイナーとしての香取さんをずっと見ていましたが、ご一緒して改めて、アイドルであることはもちろんなんですけど、それと同じくらい日本のトップ俳優なんだなと思いました。落ちていく役をやりながらも、色っぽさがそこはかとあり、存在感の大きさとがある。現場に入って僕がイメージしている思いを受け取って下さる。スタッフや共演者も思ったと思いますが、お芝居の作り方の素晴らしさを含め、むしろ僕の方が勉強することばかりで、ご一緒できたことが幸せな時間でした。

——撮影で印象に残っていることは?

香取慎吾:先の撮影スケジュールのことをあまり考えない僕でも、このシーンは重要だから撮影に時間が必要だろうなと思うシーンがあって、それを天気の都合で急遽「今から撮ります!」と言われた時は、「え?今?」と驚きました(笑)。でもそれが映画の撮影だなと思うところもあったので、監督について行きました!

白石和彌監督:本当に申し訳ありませんでした(笑)。でもそういうタイミングでしか撮れない画というか瞬間があるのも映画ですし、準備周到じゃないからこそ生まれるエネルギーもある。香取さんはそう言いながらも「わかりました」と言ってくれて、素晴らしいパフォーマンスをしていただけるので、段々僕の方も気持ちよくなってきて、台本にないけど、これをやってもらおうとか、殴られるって書いてないけど、一発くらいいいかなとか(笑)ということを、僕にそうさせてくれる感じが香取さんにはあって、本当に頼もしいやり取りだったと思います。

——監督がこの作品を今、撮ろうと思った理由は?

白石和彌監督:時代はあまり関係ないのですが、これまでの作品の多くは加害者が転がり落ちて行くんだけど、その後を描くことはほとんどありませんでした。たとえ転がり落ちてもセカンドチャンスじゃないけど、人間ってやり直せるんだという映画はいつか撮りたいとずっと思っていたんです。また、東日本大震災が昨年でちょうど被災してから7年経ちました。7年経った今の東北を切り取りたいと思っていたことも理由のひとつです。香取さんはグループをやっている時から、国民のオピニオンとして被災地に行ったり、ボランティア活動を率先してやったりしている姿を見ていたので、香取さんとだったらそれと向き合いながら人間ドラマを紡いでいけるんじゃないかと思うところもあり、色んな事を考えながらこの題材に辿り着いたという感じです。

——最後にこれから映画を観る方にメッセージをお願いします。

香取慎吾:白石監督の作品はイメージで血が飛び交うとか思っている方もいるんだけど、白石作品の中でもヒューマンドラマです(笑)。人間を描いているドラマなので、ギャンブルや裏切りなどヘビーな部分にだけでなく、心の絆や優しさ、苦悩が溢れています。観終わったら自分の人生と照らし合わせてみんなで話ができる映画になっていると思います。

白石和彌監督:どんな映画を撮っている時も登場人物に愛を注いで「人間ってなんだ?」ということを撮影してきました。この作品が他と違うのは、主人公の郁夫や郁夫を取り巻く環境、あとロケでお邪魔した被災した東北の人たちの心に、今、社会が波立っている中で、ちょっとでも凪が訪れてほしいなと思っています。そういう思いで作りましたので、僕の作品の中では観終わったあとにやさしい気持ちになる映画じゃないかと勝手に思っています(笑)。

 

映画『凪待ち』6月28日(金)全国ロードショー

 

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP