映画トピックス

映画初出演にして主役に大抜擢!堀未央奈(乃木坂46)が福岡の舞台挨拶に登場!

2019年06月27日 18:00 by 筒井あや

販売部数累計450万部を超える伝説的人気コミック「ホットギミック」を、『溺れるナイフ』(16年)の山戸結希監督が実写化!本作で映画初出演にして主役・成田初を演じた堀未央奈(乃木坂46)が、公開前の福岡舞台挨拶に登場!

——福岡へようこそ!

堀未央奈:福岡には乃木坂46のライブで何度か来させて頂いているのですが、まさかこうして舞台挨拶で来られるとは思わなくて、みなさんがあたたかくて、すごくうれしいです。福岡は美味しいものがたくさんあって、女の子も可愛くて(笑)住みたいなと思うくらい大好きです。

——今回は、映画初主演ですが、山戸結希監督や共演者の方々からのアドバイスはありましたか?

堀未央奈:山戸結希監督の演出は指示をされるというよりも、こんな感じはどうですか?こうやってみてくださいとか、ふんわりと言ってくださるので、集中力がありつつもあたたかい空気感の現場だったな思います。監督とは乃木坂46のMVの撮影でもご一緒していたのですが、女の子同士で言葉が多くなくてもわかり合えるみたいな感じで、お互い「今、同じ事を言おうとしていたね」とか「同じ事を考えていたね」ということがたくさんあって。なので、監督の演出や言葉に共感しながら演じられたなと思います。

——3人の男性の間で気持ちが揺れ動く主人公・成田初を演じられましたが、堀さんご自身でしたら3人の橘亮輝、小田切梓、成田凌どの人がタイプですか?

堀未央奈:原作を読んだ時は、お兄ちゃん(凌)が落ち着いていて包容力があっていいなと思ったんですが、実際に演じていて3人と接した時に、年齢によってタイプが変わるのかもと思いました。やっぱりお兄ちゃんがいいかも(笑)。でも3人とも魅力的なので、女性の方は観終わった後に、どの人がタイプだったとかで盛り上がるんじゃ無いかなと思います。

——この作品を通して、伝えたいメッセージは?

堀未央奈:初と近い世代の若い方はもちろんですが、大人の方でも懐かしかったり自分にもこんな時代があったなと観ていただける作品です。男性の3人がタイプが全然違うので、男性の方は3人の誰かに感情移入して観ていただけたら、より「ホットギミック」の世界観に浸っていただけるんじゃないかなと思います。夢のような物語というよりは、現実に近い悩みをそれぞれに抱えていて、一所懸命ぶつかっているので、自分と遠い話ではないなと思っていただけると思います。

——見逃さないで欲しいポイントは?

堀未央奈:ステージではバッチリメイクをしているんですけど、劇中は17歳の女の子を演じるということで、ほとんどすっぴん状態で演じているので、幼い堀未央奈が出てくるので、新鮮だと思います。初としての私も楽しんでいただけたらうれしいです。「ホットギミック」は今までの恋愛映画とは少し違った、苦しくもあり切なくもあり、みなさんの胸の奥に届くような作品になっています。これからの皆さんの人生の力になれたらいいなと思っています。全力で演じたので最後まで楽しんでください!

 

『ホットギミック ガールミーツボーイ』は6月28日(金)全国ロードショー

【監督・脚本】山戸結希
【原作】相原実貴「ホットギミック」
【キャスト】堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗
ⓒ相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
http://www.hotgimmick-movie.com/

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP