グルメ

ひっそり隠れた店だけ集めたグルメガイドが発売に

2019年06月25日 18:00 by 弓削聞平

みんなが知らない店。自分だけの秘密の場所。そういう店に出会ったとき、たいていの人は心が躍るものです。過去に聞平堂から「福岡の隠れ家・穴場」「福岡の隠れ家・穴場2」という本が発行されていましたが、今月15日に発売になったばかりの「福岡 路地に隠れたうまい店」はその第3弾ともいうべき本です。以前の「隠れ家・穴場」は飲食・雑貨・インテリアなど、ジャンルを問わず隠れた場所にあるいいお店を紹介してあったのですが、今回は飲食店だけに絞り込んでいますので、あまり人に知られていないおいしい店が好きな人にはうってつけです。掲載してあるジャンルは寿司・懐石、フレンチなどから、気負うことなくいける居酒屋や中華料理店、あるいはパン屋にバーと実に幅広いラインナップです。


それでは今回掲載されている店のなかからいくつかご紹介しましょう。まず最初は清川の古いビルの地下にあるイタリアン「アメリア」。そもそも街場で大きな商業施設などを除くと地下があるビル自体そんなにはないんです。しかも清川にそんなビルがあったなんて。ここはカウンターだけの小さな店ですが、独創的な料理の数々は目に舌に驚きを与えてくれます。しかもこの店、オーダーストップが深夜3時なんです。仕事が終わるのが遅い人でも余裕で行けますね。


次にご紹介するのは渡辺通の路地にある「ボタ山」というホルモン焼きの店です。こちらは店主が育った筑豊の「天道ホルモン」という小売店のホルモンを使っています。「天道ホルモン」は通常業務卸しはやっていないのですが、このホルモンに惚れ込んだ店主が熱心に口説き落としたそうです。鮮度がよく丁寧な下処理が施されたホルモンはヤミツキになりますよ。


最後はワインバーです。高宮通りの裏手の真っ暗な路地にポツンとあかりを灯すのが「カモミーユ」です。元は喫茶店だったという店内で、素材にこだわった料理をつまみに自然派ワインを楽しめます。オーナーソムリエのほんわかした人柄も相まって、近所の方々の憩いの場になっています。


当然ながらわかりづらい場所にあるだけではなく、おいしくて居心地のいい店ばかり90軒ほど紹介されているこの本を読んで、友人知人に自慢できる1軒を探してみませんか。

「福岡 路地に隠れたうまい店」は福岡市内の書店・コンビニ、アマゾンで購入できます。

取材・文:弓削聞平
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP