グルメ | 新店舗オープン

ランチ、カフェ、ディナーまで、三つ星の味をリーズナブルに

2019年06月19日 12:00 by 江月義憲

ランチ、カフェ、ディナーまで、三つ星の味をリーズナブルに

今泉の「MOCHA JAVA CAFE」跡に『FLOW』が再オープンしたことは以前にも紹介しましたが、今回はランチメニューを中心にレポートします。

(以前の記事はこちらです)
https://tenjinsite.jp/topics/topics/68844

料理のプロデュースを手掛けているのは、田熊一衛シェフ。約10年間に及びフランスの名だたるレストランで経験を積み、最終的には三ツ星レストラン「ル・サンク」のスーシェフを務めた実力者で、2018年に帰国して東京の白金に「リーブル」をオープンしました。田熊氏は福岡出身で高校卒業後に料理の道に入り、「MOCHA JAVA CAFE」にも務めていた経験から今回のコラボレーションが実現したといいます。

三ツ星出身のシェフの料理と聞くとさぞかし高級フレンチかと思われがちですが、さにあらず。メニュー構成は大衆的なビストロ、あるいは洋風居酒屋といったラインアップで、特にランチメニューはリーズナブルな価格で、田熊シェフ独自のエッセンスにあふれた料理を手軽に食べることができます。

「チョップサラダ スモークサーモンとチキン」(1,188円)は、約15種類もの野菜を小さく切ったサラダに、その場でスモークするサーモンとチキン、ポテトチップを添えたもの。食べる直前にサーモン、チキン、ポテトチップを崩しながら和えて、サービスしてくれます。
(ランチメニューには、すべてミニグリーンスムージーと自家製フォカッチャが付きます)

「10種野菜のcheeseグラタン」(1,080円)は、タマネギ、ジャガイモ、ズッキーニ、トマト、アスパラガス、バジルなど10種類の野菜に、グリエールリーズをかけてオーブンで焼いたもの。さらに、バターライスと半熟玉子が付いています。

田熊シェフが、かつて作っていたというレシピをアレンジした「クラシックハンバーグステーキ」(1,458円)。牛肉の赤身を粗く刻んでツナギを入れずに備長炭でレアに焼き上げた逸品です。

ディナーはアラカルトが中心で、「イワシのリエットとチーズクラッカー」(540円)をはじめ、「パテドカンパーニュ」(1.058円)、「チーズたっぷりのピザ」(1,620円)、「アンガス牛ハラミステーキ」(200g/1,944円)などお手軽な価格帯の料理が揃っています。予算に応じて、コースメニューの相談にも乗ってくれます。
また、系列店でパティスリーもプロデュースしている田熊シェフ考案のデザートメニューもテイクアウトすることができます。

場所は今泉公園の横にあり、明るい陽射しが注ぎ込む高い天井の店内は、ジャズやロックのレコードジャケットなどが飾られたスタイリッシュなインテリア。
その時の気分に応じてランチ、カフェ、ディナーまで、様々な使い方ができる、オールマイティなレストランです。

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

FLOW

住所 福岡市中央区今泉1丁目7-21
TEL 092-716-4556
営業時間 ランチ11:30〜13:30/カフェ13:30〜17:00/ディナー17:00〜23:00(土日は14:00〜23:00)
定休日 火曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP