グルメ | 新店舗オープン

タピオカミルクティーとハンバーガーを二大柱に「エピドール」の姉妹店がオープン

2019年05月29日 12:00 by 木下 貴子

薬院大通交差点そばにある人気ベーカリー&レストランカフェ「エピドール」が、その眼と鼻の先の距離ともいえる場所に姉妹店『アペロカフェ』をオープンしました。



系列店「茶茶ちゃ」をリニューアルした店舗は、ユニークな造りがそのまま生かされています。1階がカウンター席、2階がテーブル席、そして3階は屋根裏部屋のような空間です。



いまをときめくタピオカミルクティーとハンバーガーを二本柱に、「エビドール」のバゲットで作るフレンチトーストやキーマカレーなどが楽しめます。

タピオカミルクティーは、台湾直送の半生タピオカを使っています。炊き方も研究を重ね、かなりやわらかい仕上がりに。いまのところ「ミルクティー」(486円)、「バナナミルクティー」(594円)、「抹茶ミルクティー」(540円)がありますが、本格的な夏に向け、これから新メニューも登場するそうです。


社長が本場台湾でいろいろ飲み比べて行き着いた自信作のタピオカミルクティーは、少し甘めの配合で、やさしく喉を潤してくれます。街の中心地から少し離れているのと、オープンして間もないこともあり、いまなら行列せずに買えて狙い目です!

「新しい挑戦として『エピドール』の特製バンズを使ったハンバーガーを作ってみたくて」と店長の浦川さん。牛100%のパテ、トマト、オニオンスライス、そして盛り盛りのレタスを挟んだベーシックな「クラシックバーガー」(745円、ドリンクセット918円)。


ココナッツチャコールを練り込んだバンズを使う「アペロバーガー」(1,350円、ドリンクセット1,512円)は、見た目もボリュームもインパクト大です。パテは「クラシック」の1.5倍、さらにベーコン、チーズ、スモークチキンも挟まります。かなり大きいですが、専用ペーパーを使ってかぶりついてみてください。これぞバーガー!的美味しさが味わえます。


ハンバーガーはほかに「チーズバーガー」(853円、ドリンクセット1,015円)「ダブルバーガー」(1,188円、ドリンクセット1,350円)「ベーコンチーズバーガー」(1,069円、ドリンクセット1,231円)があります。


「アペロ」とはフランス語「アペリティフ」の略語です。「アペリティフ」は直訳すると「食前酒」ですが、フランスでは夕食前に軽く飲むという意味でも使われます。ゆえに『アペロカフェ』では15時から、軽くお酒を楽しめるメニューが登場。「鶏白レバーパテ」(540円)、「チーズ3種盛」(1,080円)、「フライドチキン」(540円)、「自家製ソーセージ」(645円)といったアテにぴったりのメニューが並びます。
※写真はイメージで、手前から時計回りに「スモークサーモン」「ガリシア栗豚のスモークハム」「鶏ムネ肉のスモーク」。

 

ドリンクは生ビール(486円)、ハイボール(540円)、グラスワイン(648円~)、サワー(540円)、焼酎(432円~)に加え、「茶茶ちゃ」で人気だった「お茶割り(焼酎+お茶)」(486円~)、タピオカを使った「タピオカ ファジーネーブル」(864円)といったカクテルもあります。




タピオカ好きには美味しいミルクティー、腹ペコさんには満腹バーガー、昼下がりのお酒やアペリティフを楽しむなど、「エピドール」とはまた違ったアプローチでお客を満足させてくれます。もちろん、「エピドール」が満席だった時のウェイティングにもどうぞ。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

EPIDOR apero cafe(エピドール アペロカフェ)

住所 福岡市中央区薬院2丁目2-30
TEL 092-791-7235
営業時間 11:00~23:00(OS22:00)
定休日 不定

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP