グルメ

「元祖博多めんたい重」に、新メニュー「博多めんたいもつ煮」が登場

2019年05月28日 10:00 by S子

2010年、日本でも初の「明太子料理専門店」として西中洲にオープン。地元の人はもちろん、観光客にも人気を博している「元祖博多めんたい重」。

↑天神中央公園から西中洲側に向かうとすぐ目に飛び込んでくる個性的な建物です

海苔を敷いたご飯に自家製の昆布巻き明太子をドーンと1本乗せた「元祖博多めんたい重」や、濃厚な「めんたい煮こみつけ麺」が人気の同店ですが、2019年5月29日(水)より、新メニューの「博多めんたいもつ煮〜めんたいバタートー麩ト添え〜」(1,058円)が登場!

 

「博多めんたいもつ煮〜めんたいバタートー麩ト添え〜」は、毎日17時からの限定メニューで、オーダーすると土鍋に入ってやってきます。スタッフさんが火を着けてくれるので、待つ事10分。その間に、小鉢に入った「めんたいバタートー麩ト」をつまみ食い。

その名の通り、麩にめんたいバターを塗ってトーストした「バタートー麩ト」。口に入れると、サクッ・シュワッとした食感、めんたいバターの風味が漂ってなんとも美味!「『博多めんたいもつ煮』にも合いますよ」とおすすめしていただいたワインとも合う〜。

さて10分が経ち、鍋の中では、「もつ煮」が完成。鶏ガラスープに和風だし、さらに味噌、はちみつ、赤ワインを加えたお出汁に、自家製明太子の調味液に漬け込んでおいた“もつ”、ニラ、豆腐がよい感じにグツグツしています。ちなみにとろ〜り美味しそうな煮卵(もつ煮にプラス216円で追加可能)はなんと、赤ワインや醤油に24時間漬け込んで作った煮卵なのだとか。うま〜!

ご覧ください、このプリプリ具合! 口に入れると脂部分の甘いこと甘いこと。これはワインに合いますね〜。お酒が欲しくなる夜のお供にぴったりです。

「来たからにはやっぱり『めんたい重も』」という人のために、「もつ煮(煮卵付き)」と「めんたい重」をセットにした「飯煮セット」もありますよ〜。こちらは1人前2,894円。

↑「飯煮セット」はボリューム満点

↑食欲をそそるビジュアル! この明太子、お店の3階で手作りされているんですって

この味を求め、数々の芸能人が訪れているのも納得。「まだ未体験」という人は、この機会にぜひ味わってみて。

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

元祖博多めんたい重

住所 福岡市中央区西中洲 6−15
TEL 092-725-7220
営業時間 7:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日 なし
URL http://mentaiju.co.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP