新店舗オープン

要チェックエリアの清川にオープンした、新進気鋭の焼鳥店

2019年05月17日 21:00 by 江月義憲

『おたびしょ』という店名は一瞬どういう意味か戸惑いますが、漢字では「御旅所」と書きます。辞書を引くと「神様がお休みになる場所」という意味で、店主の藤川祐介さんの「お客様にゆっくりとくつろいでほしい」という思いが込められた店名であることが分かります。

その思いは店の造りにも表れているようで、店内にはゆったりと座れるカウンター席とテーブル席に加えて、店の奥には小上がりの座敷、入り口の隣には4〜5人用の個室もあり、居心地の良い空間が広がっています。


藤川さんは住吉の人気店「やきとり稲田」で店長として4年間腕を磨き、この4月に独立オープン。地元のブランド肉「はかた地どり」「はかたもち豚」などの食材を、最高級の備長炭を使って一串一串丁寧に焼き上げてくれます。


味付けはネタによって、塩焼きか、タレ焼きで。塩はヒマラヤのピンクソルト、岩塩、藻塩3種類をブレンドしたもの。タレのベースになる醤油も地元のジョーキュー醤油など、食材から調味料まで、できる限り地元のものを使っています。


焼き台を常に団扇で仰ぎながら火力を調節し、余分な脂を落としながら炭火で焼くのは根気のいる作業です。炭火を前にして汗だくになりながら藤川さんは「我慢くらべです」と苦笑しますが、これもお客さんに美味しい焼鳥を食べてもらいたいという思いから。ベストな状態に焼き上がった串を、熱いうちにいただきましょう。


焼鳥は1本172円からで、写真は左から手羽塩(313円)、むね(205円)、鳥きも(237円)、ねぎま(205円)、豚バラ(172円)。他にも季節の野菜や、「和牛ビフテキ串」(626円)といったスペシャルなメニューもあります。


こちらは「はかた地どり」の手羽胸肉を10種類以上のスパイスに漬け込んで焼いた「名物! 手羽胸タンドリーチキン」(824円)。これからの季節、ピリッとしたカレー風味がビールのお供に最高です!
他にも「豚バラ軟骨炭火焼き」(518円)や、「清川で一番セクシーな大手羽唐揚げ」(2本626円)といった気になるメニューも。


焼鳥以外の一品料理も、オリジナリティにあふれています。写真の「黒毛和牛ユッケ」(1,166円)は黒毛和牛の刺身を低温調理で3時間ほど火を通し、生の食感を残しながらも安心して食べられる手の込んだ料理。アボガドにウニ、イクラを乗せた贅沢な一品です。
定番の「ポテトサラダ」(518円)もクミンをまぶしたタクアンを添えるなど、独創的なアイデアが光っています。


料理を盛りつける器のセレクトも秀逸です。「焼き物が好きなんです」という藤川さんが、全国の窯元や陶器市などで買い付けた大皿・小皿は、小石原焼、美濃焼、沖縄の読谷焼などなど。食材や料理をさらに引き立てています。


ドリンクはビール、焼酎、ワイン、ハイボールやサワーなど揃っていますが、何といってもオススメは全国の地酒(グラス648円〜、1合972円〜)です。珍しい銘柄もありますので、気軽に尋ねてみてください。


お店の場所は春吉をさらに南に下った清川の川沿い。最近飲食店が増えつつある要チェックなエリアにできた新進気鋭の焼鳥店を、ぜひお見逃しなく!

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

焼とり おたびしょ

住所 福岡市中央区清川2丁目1-31 リバーサイド天神南1F
TEL 092-522-7662
営業時間 17:00〜24:00
定休日 不定休

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP