グルメ | 新店舗オープン

ONOグループの真髄を感じる、驚嘆のハンバーグランチ!

2019年04月29日 15:00 by 木下 貴子

福岡で食を発信し続けて、20数年。食べる事の愉しさ、「おもてなし」を通じた心地よさを提供し、多くのファンから絶大なる信頼を得ているONOグループが、新たなる店舗『ビストロ オー』を舞鶴にオープンしました。看板商品となるのは、「こだわりある本物を作り、美味しい!!という幸せ、満足感を堪能していただいたい」という想いで創り上げられた「博多舞鶴ハンバーグ」です。このハンバーグをメインにしたランチが「とにかくすごい!」という評判を聞きつけ、さっそく行ってみました。

落ち着いた雰囲気の店内。カウンター席向いの窓から注ぐ陽光と緑が気持ちよいです。


ランチは180gのハンバーグが楽しめる「博多舞鶴ハンバーグ スタンダード」(980円)、「モッツァレラ 博多舞鶴ハンバーグ」(1,080円)と、90gのハンバーグにサイドが付く「ビストロ日替わりランチ」(980円)、「ビストロレディースランチ」(980円)の4種類。いずれも、ご飯、味噌汁、温玉、食後のネスプレッソ付きです。
初訪問のこの日は「博多舞鶴ハンバーグ スタンダード」を注文し、オプションで「カラダに優しい選べる2種のサラダ」(280円)を付けました。

オプションのサラダは、是非モノです。旬の素材を中心に、様々にアレンジされた『オー』自慢の手作りサラダが6種類! この中から好きなものを2種類選ぶのですが、どれも魅力的でかなり迷ってします。


サラダの一例。「季節野菜のサラダ サルサ ロメスコ」「ハニーポテトサラダゴルゴンゾーラのせ」「キャロットラペとレッドキャベツのマリネ」(写真は大皿に盛られたもので、ここから取り分けてくれます)。


オプションには「カラダに優しい選べる2種のサラダ&手作りデザート」(380円)もあります。

テーブルにはご飯のおともとして「自家製辛子高菜」「自家製肉味噌」が置かれています。「ハンバーグをお待ちの間にどうぞ」と勧めてくれ、ほどなくしてセットのご飯と味噌汁が運ばれてきました。

艶めくご飯は、自然豊かな糸島の土地と水で育ち、甘み、粘りが高く、光沢、香りに優れる「糸島産 ヒノヒカリ」を羽釜で炊き上げます。また、お米のもつポテンシャルをさらに高めるために、その日炊く分を都度、店で精米するというこだわりよう。鼻腔までしっかりとお米の香りが届き、ほどよい弾力と甘さに、思わず顔がほころびます。


ハンバーグの登場です。ソースは「マスタードクリーム」「デミグラス」から選べます(写真はデミグラスソース)。


鉄板で表面に焼き目を付けた後、オーブンで焼き上げるハンバーグはふっくらした厚みで、表面のわずかな割れ目から肉汁が溢れています。これは間違いなく美味しいはず!


ふんわりした口当たりかと思いきや、柔らかいけれど肉の弾力もしっかりと感じられます。ミネラル豊富な糸島水と天然飼料によって安全に育てられ、上質な肉質と旨みが特徴の糸島豚と九州産和牛を合わせて使うため、甘み豊かです。もちろん、溢れ出る肉汁もたまりません。

半分ほど食べたところで温玉をオン。肉に黄身を絡めれば、また違う美味さを味わえます。

「当グループでは糸島でオーベルジュも運営しています。糸島の食材はとても豊かということを実感し、当店でも糸島産の食材を主体に取り入れるようにしました」と副店長の寺村優希さんは話します。食材だけではなく、味噌汁に使う味噌も糸島産だそうです。

ご飯はおかわり自由で、しかも、「ご飯の〆にどうですか?」と牛テールスープを出してくれ、スープ茶漬け(スープかけご飯)にして楽しむこともできるのです。もう満腹……という方はスープのみでも頼めます。


食後のコーヒーも4種類から好きなタイプを選ぶことができ、量もたっぷり。最初から最後まで、料理の内容もサービスも抜かりなく、申し分ありません。

今回いただいたランチの全体像です。すごいでしょ?


開店して1カ月ほどですが、すでに12~13時のピーク時は満席必至ですので、時間帯を少しずらして行くのがベターです。食後のコーヒー含め、ゆっくりと楽しんでください。

夜はもちろん「博多舞鶴ハンバーグ」(セット1,280円~)をメインに、「海老とマッシュルームのアヒージョ」(734円)、「自家製ベーコンと菜の花のオムレツ」(518円)などの前菜、「牛サガリステーキフリット」(1,706円)、「若鳥骨付きもも肉のコンフィ」(1,382円)などのメイン料理など、いろいろ用意されています。

各種大皿料理は194円~。


大皿料理の一例。上から「豚のリエット」(1個194円)、「ローストビーフ 根菜のマリネ」(302円)。


メイン料理より「牛サガリステーキフリット」。



まずはランチを試してみましたが、十二分に満足とはまさにこのこと! ONOグループの真髄と、長く続く人気の理由を改めて感じました。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

BISTRO O(ビストロオー)

住所 福岡市中央区舞鶴1丁目9−14
TEL 092-731-1339
営業時間 11:30~15:30/17:00~24:00
定休日 日曜

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP