音楽

「弾き語りライブはピクニック気分で来て欲しい」結成30周年を迎えた真心ブラザーズにインタビュー

※このイベントは2019年5月10日(金)をもって終了しました。

2019年04月30日 21:00 by 筒井あや

今年デビュー30周年を迎えた真心ブラザーズ。YO-KINGと桜井秀俊のふたりが、時にストレートに、時に繊細に、そして時にポップに、彼らにしか表現できない音楽を、30年経った今も届けてくれている。

真心ブラザーズは、この30周年という節目の年に、さまざまな企画を遂行中。第1弾として発表されたのが、9月に自身初となるセルフカバーアルバム(タイトル未定)のリリース。本作はこれまでに発表した全268曲の中からファンの投票によって選ばれたベスト10曲を収録予定。(既に締切終了)第2弾は、真心ブラザーズ原点回帰、2人っきり弾き語りライブ・ツアーを7年振りに開催。タイトルは「真心道中歌栗毛」。歌栗毛名物新曲披露コーナーも実施。続いてライブツアー第3弾はバンド編成で行う「トランタン」を秋から開催。


そんな彼らが「LOVE FM FESTIVAL2019 Meets. FASHION MONTH FUKUOKA ASIA」の1日目、3月9日(土)に登場!「サマーヌード」や「どか〜ん」などの名曲を披露し、会場を沸かせてくれた。

この合間をぬって、30周年を迎えた今の心境をお2人にインタビュー。ほぼノーカットでお届けします!

——結成30周年おめでとうございます!ここまでどんな30年だったでしょう?

YO-KING:どんな30年……楽しい30年でしたよ(笑)

桜井秀俊:楽しかったですね。今思えば30年早かったようにも感じます。

——オフィシャルサイトで少しずつ周年記念企画が発表されていますが、やはり気になるのはアルバムリリースです。今回はファン投票で決まった10曲をセルフカバーされるそうですね。お二人が予想していた楽曲になりそうですか?

桜井秀俊:ちょっと予想を裏切る感じになりそうな予感が……(笑)いくつか投票されている楽曲を教えて貰ったのですが、そんな曲が好きだったの?早く言ってよ!って思った楽曲も入っていました。きっと自分たちでは思いもつかなかった選曲になると思います。

——個人的には『KING OF ROCK』というアルバムが好きです。他にも「突風」という曲も大好きなんです。

桜井秀俊:95年に出したアルバムですね。

YO-KING:「突風」とか『KING OF ROCK』の曲は、結構最近でもやりますね。人気の高いアルバムです。

——全268曲の中で、思い入れのある楽曲や転機になった曲を教えて頂いてもいいでしょうか?

YO-KING:転機になったのは、やっぱ「どか〜ん」かな。意図してないとこから火がついたというのもあるし、ああいうのはホントにツイてるなと思いますね。

桜井秀俊:ツイてるってほんと大事だから(笑)。どんな仕事でもそうだと思いますが、ツキって大事なんですよね。

——それこそ、今でもよく演奏されているイメージがあります。

桜井秀俊:やってますやってます。

YO-KING:昨日のイベントでもやったよ(笑)

——桜井さんが転機だったなと思っている曲は?

桜井秀俊:転機というと、やっぱりデビュー曲の『うみ』。変な曲でデビューしちゃうとしんどいんだけど(笑)、いつまで歌ってもいい感じになりそうな曲がデビュー曲だったという巡り合わせも、メンバーの人的な力を超えた運命みたいなものを感じています。

——30年ご一緒にやられてきて、改めてお互いにいいところやリスペクトする部分って、どんなところですか?

桜井秀俊:前にたくさんミュージシャンの方が出演する大きなイベントに出演させて頂いて、そこを束ねる役割を仰せつかったんです。そんな場所でも彼は、物おじせず、楽しく、いい意味で適当にやってくれるんで楽ですよ(笑)。キャリアを重ねると、そういう役割を頂く機会も多いんだけど、その役割すらも楽しくやれる、力の抜きどころが上手なんですね。おい!抜きすぎじゃねえか!と思うところも、ないこともないですけど(笑)。これが神経質な人だったら、大変だったなって。

YO-KING:確かに、無神経同士(笑)。こうあるべきみたいなのも別にないし、いい意味で放っておいてもいいというか…。

——30周年で、原点回帰のツアーをされるということなので、一番最初に影響を受けたアーティストを教えて頂いてもいいですか?

YO-KING:忌野清志郎さんかな。あと吉田拓郎さん。僕にとってはその2つが大きな柱かもしれない。

桜井秀俊:僕は筒美京平先生と、近田春夫先生(笑)

——意外とポップ!(笑)

桜井秀俊:僕そっち派ですね。あの商業音楽の、水っぽさとかキラキラ感がすごい好きなので。

——それがお二人の制作の源になってたりしますか?

桜井秀俊:それはあると思います。知らず知らずというのもあるし、そうしたいと思ってやる部分もあるから。

——真心の楽曲は心にすっと入ってくるメロディーやキャッチーな感じがあって。私は歌詞も大好きなので、勇気をもらったりなぐさめられたりしています(笑)

桜井秀俊:今の日本のポップミュージックが、どのアーティストさんも歌詞をすごく大事にしているし、聴く人もきちんと歌詞を聞く風潮がどんどん強まってきていますよね。それで僕らは最初から面白い歌詞も書いていこうっていうのがあったので、今の風潮とうまいこと折り合いがついている、そういうラッキーさもあったかもしれないです。

——音楽シーンも制作方法も含めヒットしていく過程など変わって来ています。若いアーティストをどんな風にご覧になっていますか?

YO-KING:とは言っても、わかんないジャンルはわかんないままですけどね(笑)。無理して解ろうともしないんだけど、歌ものは永遠と続くもんなんだなっていう安心感はありますよ。あいみょんとか米津玄師さんとか、ああいう人が売れるとね。

——若手アーティストに影響を受けることってありますか?

桜井秀俊:一緒にやる友達がいなくてもできるじゃないですか、パソコンで楽曲も作れるし。中田ヤスタカさんあたりから変わってきたのかな。そういう総合力が高い人が、歌詞書いて、歌うたって、トラックも作って、マスタリングまで全部やっちゃうとか。僕らがデビューしたときは考えられなかったですね。ああ、そういうことやっていいんだ、みたいな。自分ではもうしんどくて怖いからやりませんけどね(笑)。それに僕はバンド好きなんで、意見が合わない人というか、自分が知らない感じのことをやってくれる人とワイワイする方が楽しみを感じるんです。

——全然話は変わりますが、YO-KINGさんは昨年の11月くらいからインスタ始められましたよね。突然始められてどうしたのかな?って思ったんですけど(笑)

YO-KING:ずっとやりたいけど、どうしようなかと思っててタイミングを逃してたんです。ちょうどその日(インスタを開設した日)、岡山のライブのMCでSNSの悪口をすごい言ってたんです。「SNSのせいで、つまんない世の中になった」みたいな話を言ったから、今だと思って始めたんです(笑)

——悪口言った後にすぐ?(笑)

YO-KING:照れ隠しでね(笑)僕ね、新しいもの好きなんですよ。だから新しいものには常に興味はあるんです。で、飽きるまでやるって大事ですよ。

——ということはしばらく続けられるんですね。意外だったんです。しかも何の前触れもなく突然。。。(笑)

YO-KING:しばらく続けますよ。いやあ、これからはSNSの時代ですから!(笑)僕、オタクだから本とか音楽とかはすごく読んだり聴いたりしてるので、時々アウトプットが必要になるんです。ツアーの時はインプットの量が減るんだけど、ライブってやっぱりアウトプットだから、そこでバランスがとれるんだけど、暇だとインプットばっかりになっちゃうから。まあ、いい機会だから続けますけど、どうなることやら。些細なことから何でも、いろんな考えを世の中にダイレクトに発表できる場があるっていうのはいいんだと思います。

——それがSNSの良さでもありますしね。

YO-KING:そうそう。世の中の風通しが良くなることは間違いなくて。ただ日本はね、SNSゆえの、より監視社会になってるというか、その辺りは難しいね。自由に発表できるはずのツールが、どんどん社会を不自由にしてってるっていう。当たり前のことしか言えない感じになってるのはどうかなと思うけど。でも俺は、俺個人が幸せだっていうのが最優先だから、そういうことを是正するのは、誰かがやってくれるだろうと(笑)。

——でも私も含めファンは普段のYO-KINGさんの様子が垣間見られて楽しみにしていると思います。そんな福岡のファンが待つ弾き語りのライブが5月10日にレソラNTT夢天神ホールに開催されます。ファンへメッセージをお願いします。

桜井秀俊:初めての会場なんです。今回は面白いところでやろうと、これまでにやったことのない会場でのライブがほとんどです。弾き語りだと、バンドでは出来ないこともやれるから二人で面白いライブがやれたらと。ピクニック気分で(笑)。ぜひ楽しみにしていただければと思います。

——それでは引き続き、30周年も絶賛応援します!ライブも楽しみにお待ちしています!

YO-KING:楽しく行きましょう!よろしくお願いします!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

真心ブラザーズ弾き語りライブツアー「真心道中歌栗毛2019」EVENT

会場 レソラNTT夢天神ホール
期間 2019年5月10日(金)
時間 OPEN 19:00、START 19:30
料金 前売:5,000円(税込)※当日500円up
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp
イベント公式URL http://www.magokorobros.com/30th_anniversary/index.php
※未就学児入場不可
お問い合わせ キョードー西日本(TEL:0570-09-2424)

プレイス情報PLACE

レソラNTT夢天神ホール

住所 福岡市中央区天神2丁目5−55 レソラ天神 5F
TEL 092-781-8888

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP