グルメ | 新店舗オープン

しゅうまい、手羽先の二大看板に、鮮魚や野菜まで豊富なメニューがズラリ

2019年04月04日 12:00 by 江月義憲

大名の細い路地にある飲食ビルの最上階にオープンした居酒屋。エレベーターで5階に上がってドアが開くと、店名をインパクトのある文字で墨書きした看板が目に飛び込んできます。

最初に店名を聞いたときは、「ってば!」と強調するほどにしゅうまい推しの店かと思ったのですが、もう一つの名物が「手羽先」ということで、その2つを折り込んだ店名でした。なるほど、納得。

ビルの最上階1フロアを使った店内は天井が高く、大名の路地にあると思えないほど広々とした空間が広がっていました。

名物は何といっても自家製の「俺のしゅうまい」です。豚の挽肉に海老のすり身を練り込みんだ餡を、一つ一つ皮に包んで手作りしています。仕上げに桜エビを上に乗せて、彩りも鮮やか。
蒸し、揚げの2種類があり、どちらも1個162円(注文は2個から)。


セイロで蒸し上げられたしゅうまいは、蓋を開けると同時に湯気とともに香ばしい海老の匂いが漂ってきます。味はしっかりとついているので、そのまま食べてもOK。テーブルには酢じょう油も用意されていますので、いずれにしてもアツアツをほお張りましょう!

そして、もう1つの名物が「俺の手羽先」(1本183円)。こちらは塩焼きとタレ焼があります(写真は塩焼き)。低温で素揚げした後に高温で二度揚げするので、皮はパリッと、中はふっくらと仕上がっています。シンプルな塩焼き、甘辛いタレ焼き、どちらもビールをはじめとしたお酒に合う味付けです。

しゅうまいと手羽先の二大看板に加えて、居酒屋メニューも充実! 特に毎日仕入れる新鮮な魚介類は、刺身や胡麻和え、炙りなどで提供しています。写真の「胡麻カンパチ刺」(972円)は、刺身に自家製の胡麻ダレと薬味を別添えにするなど、料理としてもひと工夫されています。
「セロリのあっさり漬け」(453円)、「みょうがの甘酢漬け」(410円)、「パリッとピーマン」(194円)といった酒の肴になる野菜料理や、「蒸し塩豚」(572円)、「蒸しタンしゃぶ」(1,058円)などの蒸し料理までバリエーションも豊富。〆にはご飯ものの他に、ちょうどいいサイズの「ちょこっと鯛出汁ラーメン」(453円)もあります。

料理だけでなくドリンクメニューも豊富です。イチオシはハイボールで、超炭酸の「角ハイボール」(421円)から、博多いちじく、大分かぼす、熊本デコポンなどを使った「九州ご当地ハイボール」(各518円)、バーボンの「メーカーズクラフトハイボール」(594円)などがズラリ。


芋、麦、米の焼酎は410円〜。日本酒は九州の蔵元を中心に全国の季節酒などを揃えているので、気軽に尋ねてみてください。

さらに特筆すべき点は、最上階ならではの高い天井と広い空間を生かして、カウンター6席、テーブル12席、半個室18席、中2階の座敷が12席と、席の種類が豊富なこと。カップルから少人数のグループ、宴会まで、いろんな使い方ができるのも居酒屋厳選区の大名にあってポイントが高いところです。「しゅうまいってば」を合言葉に大名に集合! というのはいかがでしょうか?

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

俺のしゅうまいってば

住所 福岡市中央区大名1丁目8-34 ARTK'S大名5F
TEL 092-406-8998
営業時間 18:00~翌2:00(OS1:00)
定休日 不定休

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP