グルメ | 新店舗オープン

アートとプラントに囲まれて、今日ここでしか飲めない1期1会のコーヒーを

2019年03月22日 12:00 by 江月義憲

薬院、渡辺通り周辺には、ここ数年個性的で、美味しいコーヒーを飲ませてくれるショップやスタンド、ロースターが集まっています。そんな場所に仲間入りしたのが『1COFFEE』(ワンコーヒー)。電気ビルの裏側に、1月11日オープンしました。
店内に入ると、天井からグリーンのプラントが吊り下げられた明るい雰囲気。白い壁には手描きのメッセージが掲げられています。


ディスプレイされたプラントは販売もしています。


店主の占部さんは飲食業の経験がない異業種からの参入ではありますが、美味しいコーヒーを淹れるために知人のコーヒーショップのマスターから、特訓を受けたそうです。まずはハンドドリップ・コーヒー(450円)を淹れてもらいました。


豆は「シングルオリジン」(農場、生産者、生産方法が明確で、一切ブレンドされていないもの)のみで淹れており、すっきりとした飲み口とフルーティな香りが出ています(豆の販売もしています)。
コーヒーのメニューは「アメリカーノ」「フレンチプレス」(各450円)、「カフェラテ」(500円)などがあります。


フードメニューで人気なのが「ホットドッグ」(600円)。箱崎「パンストック」の北海道産小麦キタノカオリ100%のバゲットを使用し、外はカリッと中はモチッとしたバゲットに存在感のある極太ソーセージを挟んでボリュームも満点。同じバゲットにスモークキチンとチーズを入れた「パニーニ」(550円)もあります。また、平日限定でサラダ、スープ、本日の一品が付いたお得なプレート(ホットドッグ、パニーニ共に980円)もオススメです!(数量限定)


コーヒーブレイクのお供のスイーツ類も充実していて、「ガトーショコラ」(400円)、「焼きドーナツ」(150円〜)の他に、「チョコスコーン」(200円)、「アフォガード」(600円)など。「自分たちの手でおいしいものを提供したい」と手作りしています。


そして、コーヒーファンの間で話題になっているのがカフェでは九州初という「ラテアートプリント」(カフェラテ500円にプラス200円〜)で、カフェラテの表面に画像やメッセージをプリントすることができるというもの。豊富に用意されたテンプレートから選ぶこともできますが、スマホに保存された画像(写真)をマシンに転送して、まさに世界で1杯だけのオリジナルのラテアートを描くことができるんです! 自撮りした写真を持ち寄って、ラテアートで盛り上がるのも楽しそうですね。


学生時代、アメリカに留学してインテリア・デザインを勉強した経験があるという占部さん。店舗の内装からデザインまで、隅々にまでその経験とアイデアが活かされています。店内には古い写真のプリントやオリジナルのアート作品が飾られ、様々なインスピレーションに溢れています。(写真はwatabokuさんの作品とニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIさん来店時のサイン)


『1COFFEE』の店名は「同じコーヒーでもその日の気分によって、味わいや受け取り方は違うと思います。そんな気持ちに寄り添った1杯を提供したい」という思いから名付けたといいます。茶道の心得である「一期一会」にも通じる、今日この時、ここでしか飲めないコーヒー。豊かな気持ちになれる1杯を味わってみませんか?

【1COFFEE(ワンコーヒー)】
住所:福岡市中央区渡辺通2丁目9-10
営業時間 :12:00〜20:00頃
定休日:水曜、第1・3日曜(※不定休あり)
instagram:@w2_1coffe

取材・文:江月義憲
このライターの他の記事を読む


プレイス情報PLACE

1COFFEE(ワンコーヒー)

住所 福岡市中央区渡辺通2丁目9-10

グーグルマップで開く.

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP