イベント | まち

渡辺通りをはさんでエール!ソラリアプラザとイムズの30周年

2019年02月18日 15:00 by 深江久美子

平成元年にともに誕生したソラリアプラザとイムズ。良きライバルとして福岡のファッション・カルチャーをリードし続け、この春開業30周年を迎えます。そんな30周年の思いを込めて、ソラリアターミナルビルとイムズビルの壁面に外壁懸垂幕を使用した巨大広告企画が登場し、両館長による共同取材会が行われました。

●ソラリアプラザ 田代純夫館長
平成元年3月24日にソラリア計画の第1弾としてオープンしたのがソラリアプラザ。オープン当初に携わった前任者たちの思いを引き継いで、今後も永遠のライバル、友達としてイムズと切磋琢磨してまちづくりに貢献していきたい。

●イムズ 古場治館長
イムズにとってのソラリアプラザは同級生、幼馴染、流通戦争を戦った戦友という間柄。イムズは営業終了が決まっているが、31年も32年も最後までイムズらしく面白いまちの魅力を発信していきたい。

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP