グルメ

新時代の出前「Uber Eats」を実際に利用してみた!

2019年02月20日 12:00 by 深江久美子

11月末より福岡市の中央区、博多区、南区、城南区を含む一部地域でスタートした料理配達サービスのUber Eats(ウーバーイーツ)。大きな荷物を背負い天神のまちを駆け抜ける自転車を目にした人も多いのでは?すでに関東などでは展開されており利用者の需要も年を増すごとにガンガン伸びているよう。

でも、どうなんでしょう?社内や友達の間で話題には上がるけれど、実際に注文した人って意外と少なさそうというのが天神サイト編集部の意見。ということで、編集部が代表してUber Eatsを利用してみることにしました。その一部始終をお届けします!
使ってみるとかなり便利!コレ、超絶おすすめです!!!(決してUber Eatsの回し者ではありません)

【アプリのダウンロードが最初のステップ!】
Uber Eatsはアプリのみで利用が可能。早速アプリをダウンロードすることからはじめます。設定さえ済ませれば、今後はスマホ1つで注文が可能になります。通常は380円の配送料がかかりますが、初回は配送料が無料になるサービスも!詳しくはアプリ内をチェック!

【アカウントを登録しよう!】
さぁ、アプリを起動してアカウントを登録しましょう。携帯番号やメールアドレス、名前などの必要事項を入力します。支払方法はクレジットカードかデビットカードのみ。設定画面で自宅や勤務先の住所を登録しておくと利用するときに便利ですよ。
注意ポイントとして<玄関先までお届け>にチェックをお忘れなく!私たちはチェックを忘れたのでビルの1Fまで取りに行くはめに……。

【お店と料理を選ぼう!】
アカウントの設定まで済ませたら、あとはこっちのもの!今まで出前システムがなかった飲食店も多く名を連ねているという充実ぶり!和食、ピザ、ハンバーガー、何でもござれ。正直めちゃくちゃ迷います。画面上でおよその配達時間も分かるので、これを目安に注文してもいいかも。もはや新時代の出前!
※混雑時は配達時間がリアルタイムに変動することがあります

4.5の☆も獲得していて、15~25分で到着するという「インドカレー専門店 Jyoti」に決定!なんてったって弊社きっての大イベント、LOVE FM FESTIVAL(ラブフェス)に昨年出店されていたというのも理由の1つです。ちゃっかり宣伝になりますが、今年も3月にラブフェスやりますんでよろしくお願いしま~す!
●ラブフェス2019の情報はこちらから
https://tenjinsite.jp/topics/topics/68548

【注文後は料理を待つのみ!】
到着予定時間と一緒に配達員がどこにいるのかをアプリ内のマップで確認しながら待ちます。これが結構面白く、リアルタイムに状況を把握できます。配達員はYutoさん。Yutoさんが止まると配達員のアイコンがクルクル回るんです。このアイコン可愛い!「信号かな?」「迷ってるな!」など想像にふけられる。出前もここまで進化したんですね。すごっ!

料理も目と鼻の先までやってきました。あと少しです!今回は編集部の痛恨のミスで<玄関先までお届け>にチェックを忘れたので、ビルの1Fまで取りに行くことにしました。心配になれば配達員に直接連絡することもできますよ。

【無事にカレーが到着!】
GPSでお互いの位置が分かるので難なく料理の受取りも成功!ありがとうございました!しかし残念だったのが、Uber Eatsの代名詞である自転車を近くに止めて来られたのでその姿を撮影できなかったこと。無念です……。

仕方ない、記念に後ろ姿をパシャリ。Yutoさん、雨の中ありがとうございました。

【いただきま~す♪】
こちらが注文してから配達された「インドカレー専門店 Jyoti」のカレー。カレーにナン(orライス)、サラダ、ラッシーのセットがお店に行かずとも同じクオリティで味わえるんですよ。まだ料理も温かいし!食事を済ませたあとはお店と配達員の評価をお忘れなく。

【レストランでしか食べられない料理が自宅やオフィスに!】
もちろん、お店に足を運ぶ醍醐味もあるけれど、天神で働くオフィスワーカーとしてこんな利用方法もいいものです。みなさんも試してみてくださいね。ほかにも、寝込んでしまった1人暮らしの人、料理をサボりたい主婦の人たちなどにもオススメですよ。夕食を手抜きしたい一心で私はすぐリピートしてしまいました……。食べたい欲求をスマホ1つで叶えてくれるUber Eats、2019年の定番アプリとなりそうです。

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP