グルメ | 新店舗オープン

北海道発!〆に食べたくなる、ホロ苦い「侍のプリン」

2018年12月29日 12:00 by 深江久美子

1度見たら忘れられないビジュアル―。“男は黙ってプリンを喰え!”と言わんばかりの侍。このイラストをデパートの催事などで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか? その「侍のプリン」を率いる「プリン本舗」が大名にオープンしました。

プリンの聖地 北海道発のスイーツで、厳選された卵と牛乳を使った男性も旨いと唸るプリンなんだそう。北海道では飲んだ後の〆スイーツとして食されているとのこと。そして、種類も豊富!取材したときは7種類のプリンが店舗先に並んでいましたが、プリンの種類は随時増えていくそうです。

1番プレーン(写真左)な「侍のプリン(570円)」をいただきました。昔ならではの固めのプリンで、バニラビーンズのつぶつぶ食感が感じられます。懐かしさに浸っていたところで、1番下の層のカラメルと出会いました。想像以上のほろ苦さ!と~ってもビターなカラメルが全体をギュッと引き締める役割をしています。独自製法のカラメルは門外不出。親子であろうと秘密なんだとか。

そして、「侍のプリン」をさらに極上にしたのが写真左の「侍のプリン ザ・プレミアム(730円)」。最高級の生クリームがふんだんに使われより深い味わいに。「侍のプリン」と比べると3倍濃厚に仕上がっているそう。こちらのカラメルも秘伝のカラメルを使用しています。

もちろん、甘めのプリンもございます!写真左より、硬派なカスタードプリンの「クラシックハード(450円)」、ミルクをたっぷり使った「ミルクリッチ(450円)」、お茶の芳醇な香りと苦さが感じられる「抹茶のプリン(570円)」、ラズベリーソースがミルクプリンの上にのった「ひめプリン(570円)」、口当たりの良い滑らかな「とろーり(450円)」。
店内には甘さと柔らかさのバロメーターがあるので、好みのプリンをすぐ見つけることができますよ。

そうそう、こちらのお店は先日ご紹介した「Chabadi(チャバディ)」のお隣。同じ会社が経営しているので、「Chabadi」2Fのイートインスペースの利用もできます。

スタイリッシュな店内でまったりプリンを♪

自分がいただくのもOKですが、こちらのプリンはお土産にもオススメ。テイクアウトはこんなにインパクト大のショッパーに入れてもらいます。目を引くこと間違いナシですね。プリン以外にもロールケーキやブレッツェルなどの販売も。

「Chabadi」同様に宅配サービスも行っています。タピオカとプリンの宅配なんて、なんともオツじゃないですか~!
●宅配サービスエリア:天神、大名、赤坂、警固、今泉
※一部、宅配できないメニューもあります。詳しくは店舗にお問い合わせください

ほろ苦いカラメルの味が分かるのは真の大人だけでしょう。これぞ大人の特権。とにかく、甘いものが苦手な人や男性に1度食べていただきたい“大人のプリン”として推薦いたします。とってもビターなカラメルを心して試してみて!

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

プリン本舗

住所 福岡市中央区大名1丁目3-52 紺屋町横丁102
TEL 080-3379-7702
営業時間 11:00~20:00
URL https://www.purin-honpo.com/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP