グルメ | 新店舗オープン

刺身・鍋・焼きも!本格的な味をリーズナブルに楽しめるトラフグ専門店

2019年01月08日 12:00 by 森 絵里花

冬の味覚、三大高級魚の一つに数えられる魚「とらふぐ」。刺身に鍋、唐揚げなど、楽しみは尽きません。とはいえ、何たって高級魚。そう気軽に味わえるものではありませんよね……。

しかし11月15日(木)、そんなトラフグをリーズナブルに楽しめる専門店が、赤坂に誕生しました。店の名は『とらふぐ専門店 ふぐひろ』。大正通り沿いのクリーニング屋さんの角を赤坂方面に曲がった先にある、こちらのフグの暖簾を目印に探してください。

こちらは何と、高砂に店を構える「Bar永田」の姉妹店。「Bar永田」としては、高砂にある和食と日本料理の店「和酒 永田」に続く3号店目となります。オーナーの永田和寛さんは大のフグ好きで、東京と福岡の名店で修業を積んだ西村料理長との出会いによって、専門店の実現に至ったのだそう。

21:00まではコース制で、以降はお酒に合う単品料理も用意されています。とはいえ初めての訪問なら、やっぱりコースでトラフグ尽くしを楽しむのがベスト!

厳選、使用するのはすべてトラフグで、有名ホテルや豪華客船で提供されるほどの質の良さが自慢。何度も下関へ足を運び、独自の流通ルートを確立することで、通常よりもぐんとリーズナブルに提供できるようになったそうです。

写真(上)は「お手軽とらふぐコース」(3,980円・税別)。煮こごり、刺身、茶碗蒸し、唐揚げ、鍋(トラフグと野菜の盛り合わせ)、雑炊、デザートまで付いてこの価格とは驚き。もちろん、真フグなどトラフグ以外のフグは使用していません。

1番人気の「ふぐひろ特選コース」(4,980円・税別・写真上)は、お手軽コースの内容に加えて「手鞠寿司」自家製の「特製しゅうまい」も付き、さらに刺身の質は特上にグレードアップ。

「​焼きふぐ堪能コース」(4,980円・税別)には、お手軽コースの内容に加えて「特上とらふぐ3種焼き」がセットに。福岡では珍しい“焼き”のスタイルでトラフグを堪能できますよ。ちなみに、オーナーの永田さんはこちらがイチオシなのだとか。

また『ふぐひろ』のトラフグ料理をすべて食べ尽くしたい!という方は「贅沢 とらふぐ三昧コース」( 5,980円・税別・写真上)をどうぞ。最上のコースでもこの価格とは何ともお得です。

コース利用であれば、+1,500円(税別)で120分飲み放題(OS100分)の注文も可能。プレミアムモルツやハイボール、サワー、日本酒、焼酎など、ラインナップは多彩で、1人1杯「ひれ酒」をオーダーすることもできますよ。

さらに、飲み放題を注文の方は「原価お酒メニュー」を、追加料金で楽しむことができます。原価で提供しているお酒はシャンパーニュやワイン、日本酒などさまざま。例えば写真の「京都 玉の光酒造 からくち、するする」と「石川県 福光屋 やわらか、するする」は、通常価格1,500円(720ml)のところを、何と670円で販売! また、飲み放題注文の方はお酒の持ち込みも可能です。

『ふぐひろ』のトラフグは、活きフグを特殊な方法で締め、5日間ゆっくりと熟成させることで、トラフグ本来の旨味や甘味を最大限まで高めているそう。美しい身をすくって、調理長特製のポン酢にサッとつけて味わいます。

試行錯誤を重ね、身皮の量をかなり増量して完成したという「厚切り煮こごり」は、コラーゲンたっぷり。口へ含むと上品な出汁の味わいがとろけます。

これを、コースの締めの雑炊にトッピングして味わうのもオススメだとか。まずはそのまま味わって、最後に追加注文(+300円・税別)するのが良さそうです。

「とらふぐ茶碗蒸し」は、なめらかな口当たりと香りの良いお出汁の風味が格別。底には身が隠れ、上には卵が添えられており、何とも贅沢です。

『ふぐひろ』は、料理を盛る器にもこだわっており、写真の器は有田焼。有田焼、伊万里焼、波佐見焼など、素敵な器を愛でる楽しみもあります。

特製の衣でカラリと揚げた「とらふぐの唐揚げ」は、外がサックリと軽く、噛めば身がプリッとジューシー! 5,980円コースには旨味が強いアラとプリプリの身、贅沢に両方の部位が付いています。

フグといえば刺し、鍋、唐揚げを想像しがちですが、こちらでは「とらふぐ焼き」も楽しめます。身皮、アラ、身の3品が付いており、卓上で焼き上げて特製ダレをつけてパクリ! 身皮はトラフグ1匹から2枚しか取れない希少部位なのだとか。

カリッと焼いた身皮は香ばしく、身はふっくらプリプリでジューシー、アラは脂の甘味をしっかりと楽しめます。同じトラフグでも、三者三様の美味しさがありますね。「もっと食べたい」という方は追加注文(+1,100円・税別)もできるそうですよ。

ちなみに、つけダレはレモン・味噌ダレ・塩ダレと、3種類用意されています。ジューシーでふっくらとした身、アラは味噌ダレや塩ダレで。身皮にはレモンをかけて食べるのがオーナー・永田さんのオススメ。また、味噌ダレには東京の老舗「やげん堀」の一味を少し落としても食べるのも美味です。

店内には8部屋の半個室もあり、新年会や宴会利用にもオススメ。ぜひ本格的なトラフグ料理を気軽に楽しんでくださいね。

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

とらふぐ専門店 ふぐひろ 赤坂店

住所 福岡市中央区赤坂1丁目5-5 日商岩井赤坂マンション103
TEL 092-771-0129
営業時間 17:00〜23:00(OS22:00、コースOS21:00)
定休日 なし ※2019年3月以降は、日曜・祝日 定休
URL https://www.fuguhiro-akasaka.com/
PAGE TOP