グルメ

ずっと気になっていたお店「天茶房仙頭房」へ行ってきました!

2018年12月22日 12:00

外から見ると、何だか敷居が高そうだなと思いつつ、ずっと気になっていたお店「天茶房 仙頭房」。警固の交差点から、薬院六つ角へ向かう大正通りから一本入った先にあります。
本日は、冬の新メニューがスタートすると聞いて、お邪魔してきました。

店内は、落ち着いた趣のある和モダンな空間になっています。建築家 吉柳満氏によるものなのだとか。最大8人で利用可能な半個室が全部で4卓あり、カウンター席も12席。記念日や祝い事、接待など、様々なシチュエーションに活用できそうです。

↑一品メニューや、天ぷらメニュー。

↑ドリンクメニュー

今回は、冬の新メニューから「前菜五種」「お刺身3点盛り」「茶碗蒸し」「天ぷら」「和牛カルビの肉じゃが」をいただきました。

●前菜五種
左から「さつまいものスープ」「水菜のおひたし」「あん肝自家製ポン酢」「和牛コロッケ」「サバ昆布の白和え」。どれも素材を引き立てる優しい味付けで、少しずついただけるのも嬉しいですね。

●お刺身
お刺身の盛り合わせは、厳選された旬の新鮮な食材を使用。素材自身の味を活かした逸品を堪能することができます。

●茶碗蒸し
「イクラとウニ」または「紀州梅と大葉」の2種類から選べます。今回いただいた「イクラとウニ」は、とろり上品な茶碗蒸しに、イクラの食感が口の中で弾ける贅沢な一品です。

●天ぷら
手前から「さわら昆布〆」「松きのこ」「蟹みそ」「下仁田ネギ」「大葉ウニ」。揚げたてを一品一品提供してくれます。素材を活かす絶妙な加減で揚げていて、味付けは塩のみでOK。塩は、岩塩や山椒塩、柚子七味塩、大葉塩、せとか蜜柑を使った塩と多彩にラインナップ。

●和牛カルビの肉じゃが
時間をかけて煮込まれていて、お肉はほろほろに。味が染みた人参やジャガイモは、ねっとりとした食感でとっても美味です。

お料理は費用に合わせて用意してもらうことができ、4,000円~お願いできますよ。もちろん一品料理からの注文も可能。飲み放題は+2,000円、日本酒を含む飲み放題は2,500円と良心的な値段設定です。ぜひ親しい友人や大切な人と訪れて、一緒に手間暇かけた旬の味を楽しんでみてください。

プレイス情報PLACE

天茶房 仙頭房

住所 福岡市中央区薬院2丁目13-23
TEL 092-707-3883
営業時間 17:00~24:00(LO23:00)
定休日 不定休
URL https://tensabo-sendobo.com/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP