音楽

Twitterの30秒動画で注目を浴びたカノエラナが、今度はファンと一緒に楽曲制作!春にはツアーを開催

2018年12月19日 18:00 by 筒井あや

Twitterの30秒動画が話題となり注目を集めている佐賀県・唐津市出身のカノエラナ。独特な着眼点から生まれる歌詞と、その世界観にあわせて色とりどりに変化する歌声と圧倒的な歌唱力。ギターやピアノの弾き語りはもちろん、バンド編成の圧巻のライブパフォーマンスとゆる~い佐賀弁トーク炸裂のギャップで魅せるステージ。いま、同世代を中心に支持を集める注目の女性アーティストだ。

11月にNew Album「ぼっち2りみっくす」をリリースし、WIZYでファンからエピソードを募集して、そこから楽曲制作をするという企画に挑戦、今でもツイキャスでライブ配信するなど、あらゆる方面で活躍中!

そんな彼女が、New Album「ぼっち2りみっくす」の楽曲制作についてなど、今思っていることを語ってくれた。

——11/14にNew Album「ぼっち2りみっくす」をリリースされましたが、リミックスして下さる方はを選んだ理由は?

カノエラナ:いつもお願いしている浅野さんや石崎さんはマストでお願いしたかったのと、あと山森大輔さんとオータケハヤトさんは、昔に音源を作るのにお世話になったりしていた方。ハサミマンさんは普段はカノエラナのライブレコーディングをしてくれている方で、「花束と導火線」のPRIMAGICは「ぼっち2」のアルバムのレコーディングを手伝って下さった方です。なので、私に関わりを持って下さっていた方がほとんどですね。

——どういうリクエストをされたのでしょう?

カノエラナ:リクエストはほとんどなくて、完全に丸投げ状態で(笑)、伝えたのは雰囲気だけです。この曲は暗い感じで、とかそれくらいでした。色だけを言ったりとか。

——リミックスが出来上がってきて曲を聴いてみた感想は?

カノエラナ:「リミックス」がどういうものかなんとなく理解できるのは、私の世代がギリギリだと思うんです。私の妹は4歳下なんですけど、「リミックス」という言葉を知らないんです。私も知っているギリギリの世代だから、持っているイメージもふわっとしていて、どんな感じで出来て来るんだろう?と思っていたんです。スタッフさんには、かなり変わって仕上がってくると思うよ、と言われていたので、覚悟はしていたんですけど、一番最初に「慟哭」が届いて、衝撃でした(笑)。こんな風になるんだ!アコギの音源がここまで変わるんだ!と、すごくビックリして、これぞリミックスだ!と思えました。最初に届いたのが一番リミックスがすごいやつだったので、他の曲は割とすんなり受け入れられた感じです(笑)。でも全体的に私の世界観を壊さずに、みなさん好き放題やってくださっているので、それがすごく面白いなと思いましたし、私のことをちゃんと分かってくれているんだなと思いました。

——アルバムの評判がいいですが、手応えとしてはどうですか?

カノエラナ:素直にうれしかったです。「ぼっち2」というオールセルフプロデュース盤は、ライブ会場限定で発売した作品だったので、そうやって残るようなものになってよかったです。

——新しい取り組みとして、ファンの方と楽曲を作られてるんですよね?どういった経緯からあの企画が持ち上がったんですか?

カノエラナ:「Eggs」という新人発掘するアプリがあって、それの初期のアーティストとしてカノエラナが起用されたんです。またレコチョクさんのWIZYというクラウドファウンディングのサイトで、新しい取り組みとして、そういう企画を立てられて、そこで声を掛けてくださったのがご縁です。ちょうど今年の冬の全国キャラバンツアーを終えて、また私自身も今年の4月から新しい気持ちでスタートしようとしていたので、区切りという意味でもちょうどいい機会だなと思って参加させて頂くことにしました。

——エピソードを募集されていましたが、すごい数の応募があったんじゃないですか?

カノエラナ:すごい数でした(笑)。全部読んだんですけど、みなさんの抱えている問題が大きすぎて(笑)。3つくらいのエピソードから作ろうと思っていたのですが、それでも選ぶのに難航して、部屋中がエピソードの紙だらけになるくらいでした。大変だったんですけど、それこそ、みなさんが伝えてくれたことを自分自身でちゃんと読み解いていきました。たとえ全てのエピソードが曲にならなかったとしても、私が読んだことによって、全体としていい絵が描けているなと思っていました。こんな作り方もあるんだなと逆に感動しました。

——選ぶ基準にしたことは?

カノエラナ:そもそも、私がこれまで作った曲を改めて見返すと、明るい曲がないなと思っていたんです。だから明るい曲を作ろうと思っていました。アンケートにリア充エピソードを書いてもらう欄もあったので、そこから模索してみようと。ただ決めていたのは、文章が上手くなくても、想像できるものを選ぼうということです。文章を読んだだけで、なんとなく画が描けるようなアニメーションとかでいけるようなエピソードにしようと思って選びました。

——3月に「カノエラナ 猪突猛進~ひとりじゃないよバンドツアー~」が発表されましたね。
今回はバンド編成ですが、バンドだとどんな感じになるんですか?

カノエラナ:バンドは弾き語りと違って、パワー系のライブですね。だから普段おとなしい人も思いっきりハシャげるライブです。普段はそんなにハシャぐ方ではない私が、ステージ上ではめちゃくちゃハシャいでいるから、全然気にせずにみなさんも騒いでください。でも、私のライブに来るのも、ライブハウス自体に来るのも初めてという方もたくさんいらっしゃるので、そういう人たちにも分かりやすく、私のライブはこういうライブです、だから楽しくやってくださいね!という、私なりのバンドの形が今回のバンドライブで見せられたらいいなと思っています。

——カノエラナさんは同世代の方に人気がありますね。同世代の方に共感を得られるのはどんな気持ちですか?

カノエラナ:素直にうれしいです。同世代でも男の子も女の子もいて、どちらも捉え方は一緒だけど、なんとなく違うニュアンスで受け取ってくれてたりしてるんです。ライブが終わって感想を聞いたりすると、男女でこんなに違うんだ!って思います。そういうことを同世代の方はフレンドリーに話してくれるんですよ。だから私もライブがやりやすいし、感想を飾らずに正直な言葉で伝えて下さることが多いので、信じられる感じがします。

——このツアーでは福岡公演もありますね。福岡にどんなイメージがありますか?

カノエラナ:デビュー前はレッスンとかで毎週通っていたので、すごく身近な場所です。中学3年から高校卒業までは通っていたし、普通にお買い物をする時には、よく行っていました。唐津なので、佐賀市に出るよりも早いんですよ。地下鉄もあるし、車ですぐ行けるし。大体買い物はこっちです(笑)

——そういう馴染みのある場所でライブをするというのは、どんな感覚ですか?

カノエラナ:地元でやるとなると気が引き締まりますね。知ってる人もたくさんいるので、いつも怖いなと思いながらやってます(笑)。九州のお客さんは、すごく盛り上がってくれます。帰ってきたよ!って言ったら、「おかえり!」って言ってくれるのがうれしいですね。

 

●PROFILE
カノエラナ
1995年12月4日佐賀県唐津市に誕生。幼少期に、祖母の家にあったピアノに触れ音楽に興味を持つ。14歳の時に唐津ジュニア音楽祭に出場。 EGO-WARPPIN' の「くちばしにチェリー」を歌い上げる。2014年3月高校卒業後、上京。超がつくほどのアニメ好きでストック曲の中にはアニメのキャラクターをモチーフにした曲もある。ツイッター上では日常で感じた事を歌った「30秒弾き語り動画」を公開中。約2年間で90曲以上を公開し、「大事にしてもらえよ」や「たばこ吸うのやめてよ」等様々な楽曲が1万RT越えを連発。イナズマロックフェス2015にEggs推薦アーティストとして風神ステージに出演。2016年3月31日、「カノエクエスト~クアトロ城に集いし、500人の勇者達~」と銘打った初のワンマンライブを渋谷クラブクアトロで開催。500人の勇者(オーディエンス)を集める、という試練を見事に達成。集客目標を遥かに超えるオーディエンスを圧倒的なパフォーマンスで魅了した。2017年12月、NHK Eテレ「みいつけた!」の新エンディングテーマ曲「カゲのオバケ」を書き下ろし、2018年1月にはカノエラナが書き下ろし&歌唱を担当した楽曲「腹ペコのうた」が、九州地方を中心とした飲食チェーン店「ウエスト」の新CMソングとして起用される等して活躍中。独特な着眼点から生まれる歌詞と、ポップでロックなメロディーが融合した楽曲達が同世代のユーザーからの支持を集めている。
・オフィシャル HP https://www.kanoerana.com/
・Twitter @kanoerana7
・Instagram @kanoerana

●TOUR
カノエラナ 猪突猛進 〜ひとりじゃないよバンドツアー〜
2019年3月23日(土) 福岡・Drum Be-1
OPEN 16:30 / START 17:00
(問)キョードー西日本 TEL.0570-09-2424(11:00〜17:00/日曜日、祝日休み)

3月21日(木・祝)愛知・APOLLO BASE
3月28日(木)東京・WWW
3月30日(土)大阪・アメリカ村 BEYOND

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

LIVE HOUSE Be−1

住所 福岡市中央区舞鶴1丁目8−29
TEL 092-737-5300
PAGE TOP