グルメ | 新店舗オープン

東京をはじめ、もつ鍋の魅力を全国に知らしめた名店『蟻月』が、いよいよ福岡に!

2018年12月21日 12:00 by 木下 貴子

東京の地にて博多名物のもつ鍋の認知度を一気に高めた『蟻月』。東京を中心に大阪、札幌、さらにタイ・バンコクまで店舗展開する人気店でありますが、満を持してこの11月に福岡にオープンしました。

場所は、春吉交差点から水上公園交差点へと抜ける大通り沿い。この看板を目印にすぐに見つけられます。



ゆったりとした店構え。カウンター席と、掘りごたつのテーブル席があり、奥に個室も用意されています。




『蟻月』のもつ鍋は、味噌ベースの「白」、醤油ベースの「赤」、あっさり昆布出汁の「金」さっぱり塩・黒胡椒味の「銀」、辛味噌ベースの「炎」の5種類があります。さらに西中洲店では、全10店舗の中でも恵比寿店とここだけで提供されている「Sioもつ焼き」も楽しめます。

やはり人気ナンバーワンの「白のもつ鍋」と、新名物である「Sioもつ焼き」は外せません。この2つを制覇するためにも、今宵はサイドメニューを控えることにしましょう。ひとまずニラ玉と生ビールを注文!

生ビールが置かれたコースターをふと見ると、小さな蟻が! か、かわいい…。このコースター、店名の蟻と月でデザインされているんですね。こういうちょっとした遊びに、心くすぐられます。



ほどなくニラ玉が運ばれてきました。「とろとろ半熟ニラ玉子とじ」(734円)は見事な玉子のとろとろ加減。出汁としょうゆの味もしっかり感じられ、ビールにもよく合います。




「Sioもつ焼き」(1人前1,782円、注文は2人前より)は、小腸と中落ちカルビの2種類あります。迷いましたが後でもつ鍋を食べるので、今回は中落ちカルビを選びました。

具材がたっぷり乗った鉄板が登場。まず蒸し焼きにし、ある程度具材が柔らかくなってくると、特製塩ダレをもみこんだカルビと野菜をかき混ぜながらしっかりと焼きあわせます。




塩ダレのコク、カルビからしみ出た脂の旨味、野菜の甘みが一体となって、深みある美味しさ! ゴボウがいいアクセントです。これがまたビールによく合い、困ります。2杯目、お願いします…。



ちなみに小腸の「Sioもつ焼き」はこんなイメージ。ぷりぷりしたきれいなモツがたくさん入っています。




胃袋が勢いづいたところで、いよいよ本日の主役「白のもつ鍋」の登場です。本店では客の9割が注文するという『蟻月』の看板メニュー。数種類をブレンドした白味噌、昆布と鰹節から丁寧にとった出汁、そして秘伝のタレを加えたスープは、コクと味わいが深く、それでいてくどさがありません。やさしい味噌の甘みも福岡人好み! 当然、もつもぷりぷりの弾ける美味しさです。



こうなると、ほかの4種のもつ鍋も食べ比べたいところです。次回は大人数で挑むことを決意しました(もつ鍋はいずれも1人前1人前1,782円、注文は2人前から)。


あらためてサイドメニューをご紹介すると、「霜降り大トロ馬刺し」「かんぱち胡麻醤油和え」「辛子れんこん」「いわし明太」「辛子高菜」など、品書きには福岡や九州のウマイを届けるメニューがずらりと連なります。

「にら餃子」(648円)。



「たっぷりネギと明太の玉子焼き」(885円)。



県外からのゲストを連れていくと間違いなく喜ばれ、地元福岡の人も満足できる味とラインナップです。東京・恵比寿にある本店はいまだに予約困難な店である『蟻月』ですので、西中洲店の人気が沸騰するのも時間の問題かもしれません。いまのうちにぜひ、その味をじっくりと確かめてみてください。

 

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

蟻月 西中洲店

住所 福岡市中央区西中洲11-21 ボナ・パサージュ西中洲1F
TEL 092-406-6890
営業時間 18:00~24:00(フードOS23:00、ドリンクOS23:30)
定休日 日曜
URL https://www.arizuki.com/index.php
PAGE TOP