ショッピング

おもたせ指南!日本の酒がもたらす素敵な酔い心地を贈ろう~和酒編~

2018年12月20日 12:00

プロのアドバイスで選ぶのは、ストーリーを感じるお酒&おつまみ。パーティシーズン真っ只中の今、お呼ばれ会やごあいさつの時の手みやげのヒントにしよう。

プロ直伝のお酒選びで手みやげ上手!
クリスマスにお正月。年末年始は宴の機会が増えるもの。特に大人が集うパーティの席には、お酒は欠かせない。とはいえ、たくさんの種類がある中で何を選べばいいの? 褒められるお酒選びは、プロにお任せを。今話題の専門店で、喜ばれる手みやげ酒をセレクト!
まずは国体道路沿いの和酒専門店へ。日本酒、焼酎、ワイン、果実酒。約500種類の豊富な品揃え、そのすべてが国内で造られたお酒なのだとか。「思いが込もった作り手さんの逸品を取り揃えています」とオーナーの土師正記さん。和酒に限定することで、こだわりのラインナップが実現した。
パーティの手みやげに選んでもらったのは、ストーリーのある和酒たち。「サミットで提供されたもの」「麹で造った和製ウイスキー」など、手渡す際にちょっと自慢できる物語付きだ。「日本のお酒だから、そんな話題も身近に感じられるでしょう。酔い心地も変わってきますよ」。
ほかにも旬のもの、なかなか手に入らないレアなものなど、酒好きを唸らせるアイテムや、相手の好み、どんな料理と合わせたいかなど、コミュニケーションを取りながら、最高の一本を選んでくれる。さらにホームパーティでの醍醐味は、割ったり、混ぜたり、好きにアレンジしたお酒を楽しめること。そんなアレンジテクも土師さんに聞けば、次から次に教えてくれる。ここで手に入るのは、商品だけでなく、お酒を楽しむ時間そのものだ。

土師 正記さん
父の代から酒屋を久留米で営む。日本全国の蔵を巡り、和酒を厳選する「酒商 菅原」を2017年5月にオープン。

●写真右/安心院葡萄酒工房のスパークリングワインサミットのパーティでも飲まれたプレミアムな一本。3,437円
●写真右から2番目/キスヴァン シャルドネ福岡生まれの女性醸造家が山梨で造っている白ワイン。3,860円
●写真中央/仲村わいん工房の赤ワイン大阪のぶどうで造ったカベルネ・ソービニヨン。3,240円
●写真左から2番目/呉の日本酒雨後の月純米大吟醸。今飲むべきベストなコンディション。2,160円
●写真左/水鏡 菅原 14年 ここでしか買えない麹で造ったオリジナル麹ウイスキー。5,400円

実践! オリジナルアイテムを使ったアレンジ術
●左/ハイボールを作る際には、グラスにかち割り氷と麹ウイスキーを入れて13回転半しっかり混ぜてから、さらに氷を足して炭酸を注ぐのがポイント。麹ウイスキーを混ぜると、後口がふわっと軽い。
●中央/甘酒にコーヒーリキュールを足すとプリンのような甘いカクテルに。フルーツを合わせてノンアルコールカクテルも作れる。
※麹ウィスキーは酒税法上はリキュールです

角打ちスペースもあり、人数が集まれば貸切も可能(要相談)。フード持ち込み自由!店内ではとびきり美味しいビールも飲める。

酒商 菅原

住所福岡市中央区渡辺通5-24-30 1F
営業時間10:30~19:00
店休日火曜日
TEL092-712-2366
HPhttp://sakasyo-sugawara.jp

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP