グルメ | 新店舗オープン

今宵は今泉の隠れ家で乾杯!朝6時まで営業のダイニングバーが誕生

2018年12月07日 21:00 by 森 絵里花

国体道路と薬院六角方面を繋ぐ「上人橋通り」。その中程、ちょうど「博多天ぷら ながおか」の角を曲がった先の細路地に、数軒の飲食店が立ち並ぶ穴場的な一角があることをご存知でしょうか?

今回ご紹介するのはパサージュ今泉ビルの2階、10月5日(金)にオープンした『DiningBar CARLO(ダイニングバー カルロ)』です。階段を上った先には、カジュアルで落ち着いた空間が広がっています。

ソファ席は広々としており、店内奥には7席のカウンターが。店を営むのは、今泉の「RAMAI PULAU RESORT(ラマイプラウリゾート)」で3年にわたり店長を務めるなど、福岡のバーや飲食店で経験を積んだ本岡孝裕さん。

「時間帯を気にせず、同業者の方も気軽に立ち寄れるように」との思いから営業時間は20:00〜翌6:00までと長く、バー利用や2次会、3次会はもちろんのこと「飲んだ後に小腹が空いた……」なんて時にもふらりと寄れる、実に使い勝手の良い一軒です。

生ビールはハイネケン、瓶ビールはコロナ・ヒューガルテン・ギネス。その他ドリンクメニューは100種近くを揃えており、充実したラインナップが嬉しい限り。もちろん、リキュールを指定して好みのカクテルを作ってもらうこともできますよ。

こちらは本岡さんオススメの、リンゴとグレープフルーツなどを赤ワインに漬け込んだ「自家製のサングリア」。

フルーティで甘さも程よく、後口はさっぱり。とても飲みやすいので、食前、食中、食後といずれにも合わせやすそうです。

また料理メニューはイタリアンをベースに、お酒が進むスパイシーな一品なども用意。こちらは食感のいい水ダコの刺身をふんだんに盛り込んだ「タコと香草野菜のサラダ」(720円)。

「きな粉豚のスパイシーグリル」(980円)は、ビールにもぴったりの一品! きな粉豚はジューシーで、キノコを加えたピリ辛のソースもよく合います。

パスタメニューも数種を用意。カルボナーラ(860円)は、生クリームを使用せず、卵黄とチーズ、ブラックペッパーで仕上げた本場スタイル。厚切りパンツェッタの塩気と濃厚な卵黄が絶妙に絡み合います。

人気の「ペスカトーレ」(1020円)は、エビ、イカ、ムール貝と、魚介たっぷり! 平日には仕入れ食材で作る限定パスタなども登場するそうですよ。

また、記念日やバースデーなどの特別な日には、お祝いプレートのオーダーも可能です。(※500円〜1000円ほど。上にのせるデザートで金額が変動)

メッセージなど簡単なものであれば当日でも受け付けてくれるそうですが、希望のイラストを事前に伝えて予約しておけば、かわいいイラストや手の込んだイラストもご覧の通り。イラストもすべて本岡さんが手がけているというから驚きです!

店内には真空管アンプや大型スピーカー、プロジェクターもあり、団体利用や貸切パーティーのご相談もお気軽に。12月中頃にはダーツ台も導入予定で、楽しみ方の幅はさらに広がりそうです。

店名の「CARLO(カルロ)」とは、イタリア語で「自由に」という意味を持つのだとか。文字通り、楽しみ方は自由自在! 一人でも団体でも、時間帯を気にせずに美味しいお酒と心地良い時間を楽しんでくださいね。

 

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

DiningBar CARLO(ダイニングバー カルロ)

住所 福岡市中央区今泉2丁目4-3 パサージュ今泉2F
TEL 092-287-5495
営業時間 20:00〜翌6:00(OS 翌5:00頃)
定休日 不定休
URL https://www.instagram.com/diningbarcarlo/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP