イベント | 舞台

12月の週末は、大名で舞台を観よう〜紺屋2023〜

2018年12月06日 10:00 by S子

12月の週末、大名の「未来の雑居ビル」こと「紺屋2023」2Fにあるフリースペース「konya-gallery」では、福岡を拠点に活躍する舞台人による3公演が週替わりで登場します。

12月8日(土)〜9日(日)は、演劇ユニット「78produce」が「谷間の姫ゆり」を上演。在福の劇作家・宮園瑠衣子さんによる新作で、祖母や友人の家族などの遺品整理にまつわる話がベース。余白が多く残された舞台では想像力がかきたてられること間違いなし。宮園さん自らが演出も担当します。

12月15日(土)〜16日(日)は、福岡の芸能事務所「AcaLino Production」が、所属タレントによる短編芝居、コント・リーディング公演「RED emotions」を上演。

12月21日(金)〜23日(日)には、福岡を拠点にする劇作家・緒方卓也が主宰を務める演劇ユニット・ロボットパンケーキZの第2回公演 「新しい日のたんじょう。」を上演。「特殊世界の日常風景」をコンセプトに、ファンタジーな設定と人間臭い登場人物たちの心理の交錯を、詞的なセリフと必要以上の運動量で表現します。

いずれも前売りチケット発売中。ソールドアウトの公演もあるので気になる人は、それぞれの告知ページを早めにチェック!

 

●「谷間の姫ゆり」

https://note.mu/78produce

●「RED emotions」

http://acalino.jp/

●「新しい日のたんじょう。」

https://twitter.com/robot_pancake_z

 

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

紺屋2023

住所 福岡市中央区大名1丁目14−28 第一松村ビル
TEL 092-984-6292
定休日 不定休
URL http://konya2023.travelers-project.info/
PAGE TOP