グルメ | ショッピング

【天神に期待】ラグビーワールドカップが来年9月開幕!天神のみなさんは視点を変えてココに注目してください!

2018年12月10日 17:00 by 下田 浩之

いよいよ来年に迫ったラグビーワールドカップ2019日本大会。

いよいよ来年の9月20日~11月2日までラグビーワールドカップ2019日本大会が開催されます。全国12箇所で熱い戦いが繰り広げられるこの大会。ここ九州でも数多くの試合が予定されていて、ラグビー強豪国のニュージーランドやフランスなどもやってくるそうです。期間中訪れる外国人の数は九州全体でおよそ10万人にものぼると言われています。

そのうち福岡を訪れる外国人は約2~3万人。実際に天神の企業や施設が外国人が訪れた際にどのように対応していくのか天神サイトとしても気になる・・・なぜなら天神サイトも昨年漫画で福岡の魅力を伝えるコンテンツを導入したり・・・外国人の方にも利用していただけるよう取り組み中だから!https://tenjinsite.jp/manga/

ということで先日、ラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会事務局のスタッフをお迎えして行われた福岡・天神の商業施設のスタッフ向けの勉強会「コンシェルジュミーティング」の様子を取材してきました!

コンシェルジュミーティングとは…

福岡天神エリアの企業、団体、住民、行政など多様な活動主体で構成するエリアマネジメント団体We Love天神協議会主催の会議。天神地区のエリアでの「おもてなし力を向上する」ために定期的に実施されています。

→参加するコンシェルジュの方々が「主役」であり、モチベーション高く職場に持ち帰っていただき、共有・拡散できるように体験型の「対話」を中心としたプログラムで構成しています。話しやすい雰囲気づくりのため、天神のスイーツを提供しています。

最大20日間近く、多くのフランス人が九州に滞在する可能性も

●例えばフランス代表が準々決勝まで勝ち進んだ場合、九州での試合は3回行われることになる。つまり、10月2日~10月20日まで約20日間近くフランス人が九州を訪れることになります。→外国人との接触機会は予想以上に多そう。

●街がラグビー一色になる!(とても楽しみ!)

●外国人の旅行中の一番の困りごとは施設等のコミュニケーション!

●買い物ランキング(フランス)は食費、酒、たばこ

コンシェルジュミーティングは
施設で働く一人一人が自分事になるきっかけが生まれる場所

基本的な情報を学んだ後は「ラグビーW杯に向けて天神は何ができる」についてのディスカッション。

ラグビーの知識を学ぶだけではなく、自分には何ができるのか。天神の街で働く人同士が主体性を持って自分事として意見交換をするという取り組みが素直にとても素晴らしく街全体のサービス向上に繋がっていると感じました。来年9月にかけて街で外国人を見かける機会が増えると思いますが、その際は施設のスタッフさんの対応に注目してみても面白いかもしれません。

取材・文:下田 浩之
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP