グルメ | 新店舗オープン

安旨つまみと〆の鯛めんに唸る!コスパ最強の立ち呑み酒場が誕生

2018年11月27日 21:00 by 森 絵里花

お値段は手ごろで、オリジナル料理やドリンクメニューにもしっかりとこだわる。そんな立ち呑み酒場が次々と誕生している福岡。本格的なブームは昨年から始まり、今年もまだまだ衰える気配はありません。

10月17日(水)、大正通りから一本入った路地沿いに開店した『ちょい立ち酒場 にどね』も、その一つ。14:00オープンなので、気軽な昼呑みも楽しめるお店です。「天神ロフト」の側に移転した「麺や 兼虎」の跡地、というとわかりやすいかもしれません。

ポップな看板に誘われて入店すると、店内はご覧の通りオールスタンディングスタイル。ビールケースを用いたテーブルなど、レトロな大衆酒場の雰囲気が漂います。

若き代表の井上さん(左)とスタッフさんが笑顔で迎えてくれました。

『ちょい立ち酒場 にどね』は、今泉にあるダイニングバー「HISUI」の新業態。井上さんは、2店舗を手がける敏腕オーナーです。急なイケメンの登場に思わずテンションが上がりますが、落ち着いてメニューをチェックしましょう(笑)。

店内の壁面には、酒欲をそそるつまみがズラリ! 1品200円・300円・400円・500円の均一価格で、実にリーズナブルです。

まずは食べたいメニューをお会計表に記入して、オーダー。

注文した料理やお酒と引き換えに、こちらのカラフルな札がヒヨコ茶椀にたまっていきます。ピンクは50円、青は400円…など値段ごとに色分けされており、最後にたまった札を数えて会計するシステムです。

まずは人気のサワー(各450円)で乾杯! 「アイスの実」が入った「にどねサワー」は、アイスが溶けるほどにフルーティな味わいに変化。「レモンサワー」には、井上さんの地元・朝倉で栽培された質のいいレモンをたっぷりと。レモンは凍らせてあり、中身をおかわり(200円)しながら3、4杯は楽しめるのでお得です。

ドリンクを注文したら、早速料理もいただきましょう。最初にオススメなのが、カウンター越しにある鍋で煮込まれている“速攻メニュー”の「もつ煮込み」(300円)や「肉(馬)ドーフ」(400円)。

「もつ煮込み」は、ゴボウやニンジンなどの根菜がごろっと入っており、まろやかな味噌味があとを引きます。「肉(馬)ドーフ」は、刺身用の馬肉の切り落としと糸島産の大きな厚揚げを煮込んだ逸品。味がよく染みて、どちらもうまい!

こちらは人気の「にどねワンタン」(200円)。モチモチのワンタンを頬張ると、少し粗めのひき肉を混ぜた餡がプリッとジューシーに弾けます。やや酸味のある自家製ダレやラー油の辛味も絶妙で、ボリューム感もあり。これは実にコスパが高い!

また、酒場の定番料理ホルモン炒めもここでは一味違います。使用するのはヘルシーでクセのない馬ホルモン。すりおろした野菜などをベースに作る特製ダレはしっかりとした旨味がありながら、後口はさっぱり。添えられた自家製の柚子胡椒もよく合い、これはお酒がすすみます。

大ぶりの里芋に、醤油ベースの甘ダレと削り節がふんだんにかかった「おかか里芋」(300円)もオススメ。里芋はボイルした後に素揚げ、削り節は味のいい厚削りを選ぶなど、ひと手間、ひと工夫が光ります。

「合鴨焼き串」(400円)も侮れません。炭で炙った合鴨は想像以上に厚みがあり、皮のコリッとした食感とにじみ出る脂の甘み、身の旨味が格別です。

極め付けは、〆の「鯛(だし)めん」(500円)。焼いた鯛のアラやカブトから丁寧にとった黄金色の出汁に、細く上品な五島うどんを合わせた一杯です。スープは香り良く、優しい旨味がじんわりと広がります。

まずはそのまま、続いてレモンを搾り、最後は鯛のほぐし身で作った自家製の鯛味噌を溶いて……。3段階の美味しさが楽しめてこの価格とは、いやはや恐れ入りました。

最後は、札の入ったヒヨコ茶碗を渡してお会計しましょう。この日は、2人でお酒5杯と料理6品を楽しみ計4,000円ほどでした。安い! 私のように大食らいの酒飲みでなければ、1人1000〜1500円前後で十分満足できると思います。

「『にどね』という店名は、 “2度来てね”の略なんです。他にも、ついついやってしまう、わかっていても止められない“二度寝”のように、ヤミつきになるような店になれたら…という想いも込めています(笑)」と井上さん。

ひと手間かけた逸品と、豊富なドリンクをこれだけリーズナブルに楽しめるのなら、2度と言わず、3度でも4度でも通ってしまいそう。昼呑み、0次会、〆まで、ぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね。

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

ちょい立ち酒場 にどね

住所 福岡市中央区赤坂1丁目1-18 リバティ赤坂1F
TEL 090-3196-0361
営業時間 14:00〜24:00
定休日 不定
URL https://nidone.owst.jp/
PAGE TOP