まち

癒しを求めに初体験。「猫カフェ キューリグ」はこんなお店だった!

2018年11月30日 10:00


動物って不思議と癒されますよね?9月には「コツメカワウソカフェ」、「豆柴カフェ」と動物のいるカフェが天神に続々オープンしています。忙しい日常から解放されたいと世間は癒しを求めているのでしょう。そんなわけで動物好きスタッフを誘って癒されてきちゃいました。行ってみたのは、動物カフェの基本中の基本「猫カフェ」。大名にある「キューリグ」です。ドキドキ…猫カフェ初体験!



早速、ネコちゃんと戯れた~い!という前に、靴はシューズボックス、バッグなどはロッカーに。猫たちは何にでも興味津々。荷物の管理は自分たちでしましょう。入室時には手の消毒もお忘れなく。



「いらっしゃ~い!ゴロゴロ…」
さっそく猫がお出迎え!



いたるところにネコ、ネコ、ネコ!
常時30匹前後の猫がいるそうで、机の上や棚の中、よ~く探さないと分からないところにも猫が隠れています。3分もしないうちに猫たちがスキンシップを開始。スッと体を擦り付けたり走りまわったり、私たちとの距離感を測り、観察しているみたい。



それでは、料金システムのご紹介。1人ワンオーダー制でドリンクでもスイーツでも注文すればOK。これで猫たちと1時間まったり過ごすことができます。延長も可能で以後10分ごとに150円加算されます。
※セットメニューには入室料(60分~)が含まれます



ガチャガチャ(100円)の中には猫たちが大スキなおやつ。おやつを使って猫たちを手懐けるもよし!
「ダイコウブツダニャ~♪」

 

それでは、皆様お待ちかねの愛らしいベストショットをお送りしま~す♪


「にゃー?(なあに~?)」



ガリガリガリガリ
「…。」



「ニャッ(なにっ!?)」

 


「ニャニャーン(ヒモが好き~)」



「ニャニャニャ(ねむーい、起こさないでね…)」



「…。(動きたくないの~)」



じーっ。



「ニャー?(何か用?)」



壁には猫関係の書籍の中に「キューリグの猫ら」というスクラップブックも。在籍する猫1匹ずつのプロフィールが書かれています。



こちらはお店の看板猫「ワルオ」。11歳のベンガル猫(オス)です。新入りが入るとお世話をしてくれる面倒見の良い子。ワルオが約30匹もの猫たちをまとめてくれているんだそう。



さっそく、小猫に寄り添っているワルオ。頼りになる~!人間だったらモテモテだね。



「人間の勝手で不幸な子を見たくない。自分に助けることはできないか…?という思いからはじめたのが“猫カフェ キューリグ”なんです」と語るオーナーの野村さん。とっても元気に走り回っている猫たちですが、「キューリグ」の多くの猫たちは訳あって飼い主とお別れしたネコ、保護されたネコたちなんだそう。
この猫カフェを通してマッチング面談をして里親探しも行っています。今まで約600匹の猫が巣立っていったというから驚きです。その成果もあって今では支援・応援してくれる人たちも増えたそうです。



初めて訪れたのは愛情深いオーナーが作った素敵な猫カフェでした。取材後半には私の膝の上で眠ってしまった猫もいたほど。人懐っこい猫たちばかりなので、猫とふれあいたいという人は「キューリグ」の猫たちに会いに行ってみてください。たちまち、ハートは鷲づかみされメロメロになること間違いなしです。
日々の疲れも吹っ飛ぶほどの癒しと元気を猫たちから与えてもらいました。ありがとう!!!また、明日からも頑張りまーす!

プレイス情報PLACE

Neko Cafe Keurig(猫カフェ キューリグ)

住所 福岡市中央区大名1丁目10-15 WATTビル1F
TEL 092-406-8980
営業時間 月・水~金 13:00~、土・日・祝日 11:30~、22:00(最終入場21:30)
定休日 毎週火曜日
URL http://nekocafe-keurig.com/
PAGE TOP