グルメ | 新店舗オープン

水炊きを筆頭に、博多の名物料理や人気の鶏料理が集結

2018年11月30日 12:00 by 木下 貴子

食の都・福岡には、名物料理が数え切れないほどあります。たくさんあるだけに、食を目当てに県外からやってくる友人知人を連れて行く時に、迷ってしまうことはありませんか? そんなときに思い出したい店の一つになりそうなのが、渡辺通にオープンした『博多居酒屋 えびす』です。

渡辺通り沿いに建つ「カンデオホテルズ福岡天神」の1階という好立地。店内は広々として、大人数のグループや家族連れなどにも対応できます。



新博多名物として認知されつつある野菜巻き串や、「博多菊菜のサラダ」「和風博多明太子オムレツ」といったご当地素材を使ったメニューが楽しめます。なかでも注目は、「かしわ」料理です。「福岡は鶏の消費量が全国1~2位をあらそいます。旅行客はもちろん、地元の方にも喜んでいただけるよう、いろいろ揃えましました」と営業本部長の中田源人さん。

串なしバージョンの焼鳥「ももと長ネギの鉄板焼き」(734円)は、お好みで柚子胡椒を。



ガブリっとくらいつけば口いっぱいに幸せが広がる「鶏ももの一本焼き」(1,058円)。熱々なので、口の中を火傷しないようご注意を。



「若鶏の唐揚げ」(626円)。



イチオシはこれぞ博多名物の一つといえる「博多水炊き」(1人前2,678円、注文は2人前より)は、8時間煮込んだ白濁スープのコク深さに自信あり!です。その美味しさを実感するために、まずは軽く火を通したお肉を楽しんで。



ほかにも玉子料理や牛肉料理、〆ものなど、居酒屋ならではの豊富な料理が味わえます。

「だし巻き玉子の鉄板焼き」(734円)。



「牛肉タタキポン酢」(1,058円)。



水炊きのスープを使った、味わい深くもあっさりいただける。「博多鶏白湯ラーメン」(842円)。鶏チャーシューや博多菊菜などがトッピングされています。


ランチではこのラーメンをはじめ、「えびすのカレー」(896円)、「居酒屋さんのオムライス」(950円)、「チキンのグリルステーキ」(950円)が用意されています。


さらに今後は「明太子もつ鍋」や「ゴマサバ」などの魚料理も出していきたいと、意気込みを話してくれました。

奥には最大20名まで利用できるパーティールームもあり、これからの宴会シーズンにも重宝しそうです。

 

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

博多居酒屋 えびす

住所 福岡市中央区渡辺通5丁目14−5  カンデオホテルズ福岡天神1F
TEL 092-724-4111
営業時間 11:00〜15:00(OS14:30)、17:00〜23:00(OS22:00)、(金土祝前日の夜は〜24:00(OS23:00)
定休日 なし
URL https://kingsteak-entec.owst.jp/
PAGE TOP