映画トピックス

劇団EXILE総出演!全編北九州ロケで撮影した映画「jam」舞台挨拶に町田啓太・秋山真太郎・野替愁平が登場!

2018年11月30日 21:00 by 筒井あや

SABU監督 x 劇団EXILE = 疾走感120%の“因果応報”エンターテイメント誕生!
EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジェクト。最新作『jam』は、劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABUワールド溢れるエンターテイメント・ムービーが完成。青柳翔、町田啓太、鈴木伸之の3人をメインに、小澤雄太、小野塚勇人、 佐藤寛太、秋山真太郎、八木将康、野替愁平ら劇団EXILEが、全編北九州ロケにて撮影。

舞台挨拶には、町田啓太、秋山真太郎、野替愁平が登壇し、福岡・北九州でのエピソードや作品について語ってくれた。

——町田さんは、今回瀕死の恋人のために神様のお告げを信じて良いことを重ねる青年・タケルを演じられましたが一番印象に残っている場面は?

町田啓太:たくさんあるんですけど、筒井真理子さんとのシーンで、冒頭から羽交い締めにされるというのがあったんですけど、現場では結構ほっぺとか目にもすごい勢いでしがみつかれて。。。ちょっと圧倒されていたんですが、全部カットされてました(笑)今日はこの話がしたかったんです(笑)

——主人公の3人をかき乱すアウトローを演じられました、そしてスタッフとしてはアソシエイトプロデューサーを務められた秋山さん、今回はケンカや全力疾走など激しいシーンも多かったそうですが、演じられる時に考えられていたことは?

秋山真太郎:今回、久しぶりに劇団EXILE9人全員が初めて揃ったんです。劇団員同士が共演するのも久々だったので、それぞれメンバーが色んなところで経験を積んでいるので、芝居がどんな風に変化したのかなというのを感じながら台詞のやり取りをするのが、とても楽しくて。みんな着実に力を付けてきているなと感じられて、やっていてすごく楽しかったです。

——野替さんは青柳翔さん演じる横山田ヒロシを陰で支える付き人の役ですが、どのように演じられていましたか?

野替愁平:純粋に一筋にヒロシさん(青柳翔)だけを想い続けていました(笑)。劇中で流れるヒロシさんの歌は全部歌えるんですが、本当に撮影自体はステージに立つ前のシーンと、ヒロシさんがステージで歌うシーンは別日の撮影だったので、僕も出来上がった映画を観て初めてこんなに歌うんだと思ったんです。

秋山真太郎:ステージで歌うシーンはスゴかった。北九州の撮影で集まってくださったみなさんも、めちゃくちゃノリノリで、本物のライブみたいでした。僕は裏で聴いていたんですけど、鳥肌が立ちました。

——全編北九州ロケでしたが、一番印象に残っていることは?

秋山真太郎:僕はほとんどが八木将康と一緒のシーンだったので、将康といっしょに行った焼肉屋さんがすごく美味しかったです。撮影が終わった後になぜか鈴木伸之の部屋に集合して一緒に飲んでました。後はみんな集合できた時が1日だけあったので、ホテルにレストランがあったので、そこでみんなで飲みました。

野替愁平:僕は行けなかったのに、みんなって言うのやめてもらえます?9人で撮った『jam』じゃないですか。飲みに行ったのは8人で、って言ってもらっていいですか?(笑)そこもう一回言い直してください!“みんな”って言われると傷が深いんで痛いんですよ(笑)

秋山真太郎:(笑)。8人でね、残念ながら野替だけがスケジュールが合わなくてね。次はね、いっしょに。でも今日、ここに来る前に一緒に思い出作ったよね。

野替愁平:長浜ラーメンを3人で食べてきました。なので、東京に戻ったら後の6人に自慢しようと思ってます(笑)15分しかなかったんですが、替え玉もしました!

町田啓太:焼肉屋さんは青柳翔さんとも鈴木伸之さんともそれぞれ行きました。後は焼き鳥屋にも行きました。肉ばっかり食べてましたね(笑)

——もしみなさんが次に映画に出るとなったら、どんな役を演じてみたいですか?

秋山真太郎:僕はあまりこだわりがないので、どんな役でもいいかな。でも次にやれるなら、プロデュースと脚本をやりたいですね。僕のオリジナルの脚本で、劇団のみんなに出てもらいたいかな。それぞれの個性が生きた物語を作りたいですね。

町田啓太:個人的にも劇団的にもSFをやりたいです。フルCGで。宇宙に行ったり、小野塚勇人が宇宙人で出てきたり(笑)。日常からかけ離れたことをやってみたいです。劇団EXILEのメンバーは個性が強いので、そのアクを充分に出したキャラクターで、SFをやってみたいです。

野替愁平:せっかくなので、九州で漁師役になりたいですね。役作りとしては魚を食べ続け、日本酒を飲んで、二日酔いの状態で朝早く起きれば役作りは出来ているので。漁師なんだけどケガで漁に出られなくて、ずっと港で待っている漁師さん役。これを劇団EXILEの9人でやりたい(笑)。

——最後に一言お願いします。

秋山真太郎:記念すべき劇団EXILE9人の作品です。12月1日から全国で公開しますので、2度、3度と劇場に足を運んでいただけたらうれしいです。

野替愁平:こうやって福岡に来ることが出来たのも、劇団EXILE9人で作品が作れたからだと思います。またこうやって来られるように、「jam2」なのか、僕が提案した漁師の物語なのかわかりませんが、「jam」を最低一日100回は発していただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

町田啓太:全編、福岡・北九州で撮影させていただきましたので、その福岡でみなさんにご挨拶をさせていただけてうれしいです。これからも劇団EXILE、「jam」をきっかけに、どんどん進化していってみなさんに楽しんでいただけるような作品を届けられたらと思います。「jam」の感想も聞かせてください。よろしくお願いします。

 

映画『jam』は12月1日(土)より全国ロードショー
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP