グルメ | まち | 新店舗オープン

魚自慢のあの人気居酒屋が、“ほぼ駅ナカ”に待望の「たちのみバル」をオープン!

2018年10月31日 12:00 by S子

2018年9月28日(金)に大リニューアルを果たした、西鉄福岡(天神)駅北口改札外コンコース「天神TOIRO」。飲食店を中心に24ものショップが集結する、賑やかなスポットとなりました!

そこをぶら〜り散策していると、ひときわ目を引くポップな外観に遭遇。看板には「たちのみバル しらく」。ちょっと中を覗いてみると、カウンターの向こうではスタッフさんがてきぱき働いています。よ〜し、お邪魔しちゃうよ!

店に入ると、かなりこじんまりとした空間。カウンターに、テーブル席が3つ。でもこのぎゅうぎゅう感、ある意味“隠れ家的”で居心地いい〜!

壁には「板わさ」や「牛スジ煮」など、“たちのみ”に欠かせないお酒のお供に加え、「ごまサバ」、「雷山豚ソーセージ」…

さらに「魚ギョッケ!」。ここで気がついた人はかなりの「福岡・居酒屋ツウ」ですね。そう、ここ「しらく」は、福岡を代表する“魚系居酒屋”「磯貝」そして「しらすくじら」の系列店なんです!

と聞けば、俄然期待大!嬉しくなってまずは「こぼれスパークリングワイン」で乾杯!

↑こぼれまくってます笑

↑ドリンクはビール、ハイボール、焼酎、日本酒、なんでもあるよ

そして、洒落た飲み物には洒落たアテをということで、まずは「パテカン 鴨と豚のパテ」をオーダー。全体的にしっとりと落ち着いていて美味〜。これが380円ですよ、奥さん!

やっぱり「魚ギョッケ」(380円)も食べたいよね、ということで次は日本酒にシフト。となると「ごまサバ」(580円)は必須なわけで。あ〜、この組み合わせ、最強だわ。

↑魚のすり身に豚のジューシーさが加わった「魚ギョッケ」は揚げたてをどうぞ。「磯貝」だけに「ごまサバ」も絶品です♪

他にもたっくさんメニューはあるのですけど、とりあえずカウンターの目の前でホカホカと湯気を上げているおでん(100円〜)や、

カウンターの反対側にズラリと並ぶ缶詰を選び、温めてもらってつまむ、なんていうこともできます。

ちなみにこの「しらく」、朝の10:00からオープン。天神の中心部では珍しい昼のみスポットとしてだけではなく、全メニューにプラス100円でご飯・あおさ汁・お漬物をつけられるので、ランチ&ディナースポットとしても使えるんです!

「ぜひ気軽に立ち寄ってね〜!」と、スタッフ&ときどき登場するオーナーの斉藤さん。18時くらまではのんびり、それ以降はいろんな人が入れ替わり立ち替わり呑みに立ち寄る、賑やかな酒場♪ よっしゃ〜!しばしの行きつけはここに決まり!

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

しらく

住所 福岡市中央区天神2丁目11-3 ソラリアステージビル2F 天神TOIRO
TEL 092-731-6001
営業時間 10:00〜24:00(フードOS23:00、ドリンクOS23:30)
定休日 なし
PAGE TOP