グルメ | 新店舗オープン

日常使いに重宝する、居心地よい空間と王道スタイルの焼鳥

2018年10月29日 12:00 by 木下 貴子

店舗のある2階へとビル階段をのぼるところから、和のオブジェが温かく迎えてくれます。フロアにたどりつくと、天井にはアンティークの和傘が色とりどりに飾られていました。見渡すと内装や調度品も古民家風に設えられ、すっと気持ちが和らぎます。



無数の飲食店が立ち並ぶ大名という激戦区に、福岡の人たちが最も愛する料理の一つである焼鳥で参入を果たした『かまろ』。いわゆる昔ながらの「博多スタイル」の焼鳥を、1本108円からというお手頃価格で提供してくれます。

定番の「バラ」「ねぎま」「かわ」「きも」「ずり」などは各129円、「ささみ」「せせり」は各162円、「つくね」や巻き物は各270円、「しいたけ」「ししとう」「ピーマン」は各108円などなど。「とくに鮮度を重視しています」と店長の吉住大樹さん。朝引きの鶏を使ったものは、レア気味に焼き素材の味を引き立てます。



串は炭火焼きで、塩加減と焼き加減に注意を払います。



串以外の一品料理も充実しています。「企業秘密の特殊な『何か』を入れています」というオススメの「特製ポテトサラダ」(432円)。



「手羽先」(626円)。



「卵焼き」(626円)。



「大根唐揚げ」(626円)。



「あおさの揚げ出汁豆腐」(518円)、「あおさのみそ汁」(324円)、「ねぎま」の鶏と青ネギを玉子とじにした「特製親子丼」(734円)など、〆までしっかり押さえられています。



ドリンクはビール、焼酎、日本酒、ワインなどひととおり揃え、なかでも日本酒は1合486円~というサービス価格です。「お一人様でも入りやすく、また毎日でも来ていただける店を目指しています」と吉住さん。食べて飲んでの平均がお一人3,000円以下というから、これはありがたいですね。

安く美味しく、居心地よく。日常的に使える心強さで、若者たちを筆頭に早くもファンをつかんでいます。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

大名焼鳥 かまろ

住所 福岡市中央区大名1丁目9-14 シティマンション別館2F
TEL 092-406-8661
営業時間 18:00~翌2:00
定休日 11月まで火曜、12月より不定
PAGE TOP