グルメ | ショッピング

天神の20年、ep.の20年 そして、天神のこれからの予感

2018年10月27日 11:00

ep.創刊の1998年から現在2018年を駆け足でタイムトラベルして、その先へ。
20年間の天神の横顔、そしてこれからはじまる未来の天神を一挙公開!

【1998年】ep.創刊
A4サイズ、わずか4Pで創刊。当時、天神のイベント告知が誌面のメインだったので「event paper(イベントペーパー)」を略して「ep.(イーピー)」。それが知る人ぞ知る、ネーミングの由来。

【1999】ソラリアステージOPEN
「ひょうたんの回転寿司」「天神ホルモン」の行列は、この年から始まった!またきらめき通り地下通路も開通。天神地下街から岩田屋本店までスムーズに行き来できるように。100円バスの試験運転がスタートしたのもこの年。

【2001年】フリーウエーブ5周年

当時、ep,の制作をしていたのはフリーウエーブ(天神FM)。ラブエフエムの前身となるコミュニティFMだった。5周年記念号のep.には現在も活躍中のDJ大田こぞうさん、Sachさんの姿も。

【2002年】W杯日韓大会開催 MUSIC CITY TENJIN 初開催

【2004年】
自転車都市・天神のマナーアップをep.で特集
2001年の全国放置自転車実態調査で、全国ワースト1となってしまった天神地区。そこから天神エフエム(現・LOVE FM)を中心に「放置サイクルZERO宣言!」の活動がスタート。チャリエンジェルズというローカルヒーローが登場し、天神地区の地下駐輪場が2時間無料や3時間無料になっていった(以前は10分駐輪しても100円払っていた!)。その甲斐あって天神は2005年に全国ワースト1の汚名返上!! 現在、放置自転車の多さで30位以下というランキング圏外になっている。えらいな、天神!

【2006年】ep.100号記念号発行 VIORO開業

特集「天神で100人に聞きました!」と題し、警固公園で100人アンケを実施。天神を好き!と答えた人は95/100人。さて今はいかに!?

【2010年】小花柄+ダンガリーシャツ+カンカン帽が流行  福岡パルコ開業この年、天神女子たちの間で爆発的に人気だったのが、小花柄のワンピやオールインワンにショート丈のダンガリーシャツを合わせ、カンカン帽を頭に乗せるというスタイル。最近はトレンドも多様化しているし、もしかして「全員がこのアイテムを持ってる!」ほどのブームはこれが最後だったのかも!?

【2012年】福岡初のコワーキングスペースが登場!
働き方に新しい風が吹いた年。今ではすっかりおなじみとなった「コワーキングスペース」「シェアオフィス」なんて言葉が出始めたのが、この頃だ。ちなみに福岡・天神初のコワーキングスペースは若者のまち、大名にオープンし、カフェとオフィスが合体したオシャレな空間だった。

【2014年】パンケーキ&フレンチトーストブーム到来!
ホイップクリームが山のようにそびえるハワイ生まれのパンケーキ「eggs'n things」が、大名エリアに登場したのがこの年。同じく大名にある「Ivorish」のフレンチトーストにも行列ができていた。この2店は4年後の今も変わらず大人気店。すっかり大名の定番スイーツに!

【2015年】ソラリアプラザ 第2期グランドオープン

【2017年】ep.ロゴリニューアル
表紙デザインとロゴを一新して、今のスタイルのep.が誕生。2018年4月からページ倍増で隅月発行に!

【2018年】ep.20周年記念号
合計237号を発行し続け、20周年を迎えたep.。30周年に向けて、どんなフリーペーパーになっていく?

【2019年9月~11月】ラグビーワールドカップ2019開催
東平尾公園博多の森球技場(レベルファイブスタジアム)が試合会場に決定!九州ではほかに大分・熊本でも開催される。

【2024年】地上19Fの複合ビル完成(予定)
福岡ビル・天神コア・天神ビブレの3棟が1棟の複合ビルに。地上19F、地下4Fに、商業施設やホテル、オフィスが誕生!
天神ビッグバン
天神中心部で約30棟の民間ビルの建替えが進む予定。ビルの延床面積は約1.7倍、雇用者数は約2.4倍になるのを数値目標として、工事が進められている。


※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

PAGE TOP