グルメ | 新店舗オープン

沖縄テイストを盛り込んだ個性派カレー『ユクル』が三角市場へ帰ってきた!

2018年10月11日 12:00 by 森 絵里花

カレーマニアが日本のカレー文化に貢献したカレー店を毎年選出し、表彰する「Japanese Curry Awards」で新人賞に輝いた実力店。

城南区長尾のカレー専門店『クヮッチースパイス ユクル』が、8月4日(土)「三角市場」(渡辺通2丁目)へ移転を果たしました。いや、“帰ってきた”というのが正しいかもしれません。いずれにせよ、カレーファンにとってはこの上ない朗報です!

薬院駅のそば。今なお昭和の面影を残す「三角市場」は、戦後の闇市としてはじまり、やがては商店街へ。昭和25年に渡辺通1丁目から現在の場所へ移り、今ではこだわりと個性光る店が立ち並ぶ飲食店街となっています。

今回のお目当てである『クヮッチースパイス ユクル』は、そんな「三角市場」内にある沖縄料理店「ガチマイシーサー」の店舗を利用し、昼の間に開店。

『クヮッチースパイス ユクル』のカレー職人である與那覇(よなは)さんは、実は「ガチマイシーサー」のオーナーでもあります。

かつてはこの場所で「酒房 朋」(ガチマイシーサーの前身)を営んでおり、昼の間だけ「カリー朋」として特製カレーを提供していました。“帰ってきた”といったのはそのためです。

カレーの奥深さにハマり、ついには専門店を開店した與那覇さんの作るカレーは、沖縄食材や沖縄の伝統料理にヒントを得た、唯一無二の味わい。

メニューには本日のカレーとトッピングカレーが各一品ずつ並び、内容は仕込み状況やひらめきによって日々変わります。この日は「ジーマミーチキンキーマ」(800円)をいただきました。

“ジーマミー”は、沖縄の方言でピーナッツのこと。この日のカレーには自然乾燥させ、その後煮込んで戻したピーナッツがふんだんに入っており、柔らかくも歯ごたえのある“ジャキッジャキッ”とした食感がクセになります。

ご飯は、さんぴん茶(ジャスミン茶)の葉を加えて炊き、風味をプラス。添えてあるニンジンシリシリの酢の物の酸味もいいアクセントに。

また、せっかくなのでトッピングカレーも合わせて注文。この日は、骨つきのヤギの肉をホロホロになるまでじっくりと煮込んだヤギカレー(+300円)でした。まずはそのまま、好みで2種のカレーを一緒に……。じわじわと広がる辛味、奥深い旨味がたまりません。

※トッピングカレーの金額は内容によって変動。ライスの大盛りは+100円

豚の4つの部位を使った「ブタヨンキーマ」や「シークワーサーと魚のカレー」、黒ゴマを使用した沖縄の宮廷料理“ミヌダル”を再構築した「ポークミヌダルー」など、そのバリエーションは実に多彩。いつ、どのカレーが登場するかはその日のお楽しみです。

FacebookやInstagramでその日のカレーが紹介されているので、できればチェックして出かけましょう。カレーは売り切れ次第終了なので、早めの訪問が吉。

沖縄の方言で、“クヮッチー”は「ごちそう」、“ユクル”は「憩う」の意。ランチタイムは、スパイスと沖縄食材を活かした『ユクル』のカレーでリフレッシュしませんか?

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

クヮッチースパイス ユクル

住所 福岡市中央区渡辺通2丁目3-2 三角市場 ガチマイシーサー内
TEL 092-724-0920
営業時間 11:30〜14:00、土日祝〜15:00※売切れ次第終了、17:30〜は「ガチマイシーサー」として営業
定休日 月、木曜 ※その他不定あり
URL https://www.instagram.com/yukuru0305/
PAGE TOP