グルメ | 新店舗オープン

箱崎の人気店が春吉へ移転!本格中華と薬膳火鍋をご堪能あれ

2018年10月01日 21:00 by 森 絵里花

箱崎にあった中華料理店「華縁」が8月29日(水)、春吉のリバーサイドに移転リニューアルオープン。本場出身の料理人が腕をふるう中華料理と薬膳火鍋の店に生まれ変わりました。

場所は春吉リバーサイド通りの中ほど。「カンデオホテルズ ザ・博多テラス」のちょうど斜め向かいにあたり、赤い外観が目印です。

広々とした店内にはテーブル席がゆったりと配されおり、この日は次々と中国出身のお客様が訪れていました。

夜メニューには、薬膳火鍋のコースと単品注文できる豊富な具材、箱崎でも評判だった刀削麺をはじめとした中華料理が並んでいます。

薬膳火鍋は、Aコース(具材9種)2,138円、Bコース(具材11種)3,218円、Cコース(具材12種)4,298円の3種。スープは、ラムスープや昆布スープなど全6種ある中から3種を選ぶことができます。

今回は店長さんオススメの「麻辣スープ」「キノコスープ」「海鮮スープ」をオーダー。漢方や中国医学の考えに基づいて作られたスープは、どれも香りがよく旨味たっぷり。海鮮スープにはワタリガニの足も入っており、とてもいい出汁がでていました。

薬膳火鍋を注文したら早速、店内奥にある「薬味&調味料のセルフコーナー」へ。「ニラみそ」「練りごま」、「沙茶醤(サーチャージャン)」や「腐乳(ふにゅう)」など、約20種もの薬味と調味料がズラリと並んでいます。

さらに、おつまみのピーナッツと枝豆もセルフサービス!

薬味と調味料の組み合わせに迷っていたら、店長さんがオススメを作ってくださいました。

ニラみそ、練りごま、ラー油、パクチー、万能ネギ、ニンニク、朝天椒(唐辛子)、腐乳、落花生、キノコみそ、それからお酢も少しだけ。う〜ん、これを見るだけで食欲が刺激されてしまいます。

注文したのは、具材9種がセットになったAコース。まずは凍り豆腐、干し豆腐、エノキ、春雨が登場。

続いて、鶏肉、牛肉、豚肉と野菜の盛り合わせもやってきます。これだけたっぷりと具材がついて1980円はとってもお得!

鍋に次々と具材を入れ、お肉をしゃぶしゃぶしていただきます。刺激的な辛味の麻辣スープ、滋味深いキノコスープ、魚介の濃厚な旨味が詰まった海鮮スープ、どれも甲乙つけがたし……。作っていただいたタレの美味しさも相まって、もう箸が止まりません!

締めは、ちゃんぽん麺か水餃子を選べます。本場仕込みの水餃子はきっと美味しいだろうなぁと想像しつつも、お腹はすでに満腹寸前! 今回はスルリといただけそうな麺をチョイスしました。

具材の旨味が溶け込んだスープを吸ったちゃんぽん麺。美味しくないわけがありません!3種の味を一度に楽しめるのも、何だか得した気分ですよね。

メニューには薬膳鍋のほか、よだれ鶏(734円)やスペアリブの塩コショウ炒め(1,706円)、チャーハン(626円)、羊肉刀削麺(950円)、点心など、魅力的な中華料理がめじろ押し。

お昼は、刀削麺にご飯モノなどが付く「本日セット」(1,080円)や、メイン料理が日替りとなる3種の「本日定食」(780円)も味わえますよ。

箱崎時代のファンの方も、初めての方も、ぜひ本場中国の味を楽しんでくださいね。

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

華縁 豆撈火鍋(かえん とうろうひなべ)

住所 福岡市中央区春吉2丁目8-33
TEL 092-791-7917
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜24:00ごろ※変動あり
定休日 なし
PAGE TOP