舞台 | 新店舗オープン

天神のド真ん中に、よしもとの常設劇場がオープン!今後、人気芸人が続々登壇予定

2018年09月07日 11:00

ビブレ8Fにあったビブレホールが、9月1日から吉本興業が運営する常設劇場「よしもと天神ビブレホール」に生まれ変わってオープン!
東京から博多華丸大吉、和牛らが、テープカットのセレモニーに駆けつけ、オープン記念会見が行われました。

数々の伝説ライヴを生んだビブレホールが、36年の歴史に終止符を打ち、福岡よしもとの拠点として再スタートしました。よしもとの常設劇場としては全国で13館目となり、福岡市内に劇場を構えるのは実に14年ぶり! 110席のホールは、後方に立見スペースが設けられ、完売公演でも当日券を出すこともあるとか。新しいエンターテインメント発信の場としてお笑いライヴのほかに、さまざまなワークショップ、eスポーツ関連イベント、展覧会など、貸しホールの受付もしていくそうです。

14年前にあった劇場を思い出しながら、感慨深い表情を浮かべる博多大吉。「このステージに僕らが立ちたいのは山々だけど、まずその前に福岡が好きな和牛が出たがるからなぁ」と、無茶ぶり。今一番チケットが取れないといわれる和牛は、「福岡と和牛はこれから二人三脚でやっていきたい」とまんざらでもないようす。するとすかさず「そうなってくると僕らが出るのは今日が最後かもしれません」と博多華丸が挨拶して、爆笑に包まれました。なお、TV収録などで今もコンスタントに帰郷している博多華丸大吉。「平日にこっそり出演できたら嬉しい」とのことです。

本劇場の最大の魅力は、なんと言ってもステージの近さ!後方でも演者の表情を確認できる距離なので、TVとはひと味違った生の臨場感と、アットホームな雰囲気が楽しめちゃいます。ココで人気芸人の漫才やコントを拝めることができたら、プレミアム感を味わえることウケアイです。

壁にはロバートの秋山や、南海キャンディーズのしずちゃんなどの人気芸人たちが、「福岡」をテーマに書き下ろした絵が掲示されています。撮影することも可能なので、新たなインスタスポットになるかも!?

9月はさっそく著名人が続々登場予定。例えばNON STYLEの石田明氏が単独で来福し、福岡芸人と絡むステージ(9月29日)や、9月にソロデビューが決まった椿鬼奴と、レイザーラモンRG、藤井隆の音楽ライヴ(9月23日)など、ココならではの企画や共演も満載! 年末には、渡辺直美展も予定しているそうです。

人気公演はチケット争奪戦になるので、事前にスケジュールと発売日をチェックするのがおすすめ。また、アクセスの良さを生かして、地元の若手芸人によるステージも気軽に覗いてみるのも新しい楽しみ方です。前売500円ポッキリで鑑賞できるステージもあるので、新たなスターが誕生する瞬間を目撃できるかもしれません♪

また、芸人さんによる多彩なワークショップも注目どころ。9月は毎週金曜の昼間に、高田課長によるDIYを始め、地元芸人レモンティーのあべちゃんによる苔玉作り体験や、医師免許をもつ活躍する芸人の介護講座など、特技や経歴を生かしたユニークなラインナップが勢ぞろいします。

芸人さんを身近に感じることができる新たなスペース、今後要チェックです!!


<よしもと天神ビブレホール>
福岡市中央区天神1-11-1天神ビブレ8F
TEL:092-731-0197
URL:http://www.yoshimoto.co.jp/vivre/
定休日:火・水曜
収容:110席

プレイス情報PLACE

よしもと天神ビブレホール

住所 福岡市中央区天神1丁目11-1 天神ビブレ8F
TEL 092-731-0197
定休日 火・水曜
URL http://www.yoshimoto.co.jp/vivre/
PAGE TOP